三分で学ぶ        カルロガンビーノ編

三分で学ぶ カルロガンビーノ編

三分で学ぶマフィア暗黒史
~カルロガンビーノ編~

こんにちは!

今回は、ゴッドファーザーと呼ばれた偉大なマフィア

カルロ・ガンビーノを紹介していきます!

カルロ・ガンビーノ

ガンビーノは、若い頃は肉屋で働いていたが、そのうち酒の密造を始め、ラッキー・ルチアーノ達と交流を持ち始め、その後、マンガーノファミリーに所属する。

マンガーノファミリーのボス アルバート・アナスタシアは、死んだアンダーボスの代わりを選ぶ際に、性格的におとなしく無害と思われるガンビーノを選んだ。

しかし彼は燃えるような野心を持っており、ヴィト・ジェノベーゼやトミー・ルッケーゼと共にアナスタシアを攻撃。

アナスタシアの死後はボスを引き継いだ。

左カルロ・ガンビーノ

さらにはアナスタシアの仲間だったフランク・コステロとマイヤー・ランスキーと共謀してジェノベーゼを監獄送りにした。

ここからマンガーノファミリーは名前が代わり、ガンビーノファミリーに。

その後は、ルッケーゼの娘と結婚し、勢力を拡大。

さらに、他のファミリーに内紛を引き起こすなど、数々の策を弄する事により、遂にマフィア界の頂点に立った。

リスのような弱虫と評されたがそれは狡猾さだったのだ。

ガンビーノの時代ファミリーのメンバーは1000人を越え、最大の勢力となる。

バラキ公聴会で示された組織図

さらにスーパーへの卸売業や建設業などビジネス面でも次々と勢力を拡大した。

やがて時代が変わった事に気付いたガンビーノは、若い世代がマフィアの価値観を守らないことを嘆き、新規のファミリーメンバーの採用を行わない。 などの措置をとった。

最期は引退し、ベッドで亡くなった。

ガンビーノにはこんなエピソードがある。

ある日、殺し屋が老いたガンビーノを舐めきって、罵倒した。

ガンビーノは黙って聞いていたが、翌日殺し屋の遺体が通りに転がっていた。

ガンビーノは何事にも動じず、対処する男だったのだ。

逮捕された時のガンビーノ

ちなみに、趣味は果物市場での買い物。
映画 「ゴッドファーザー」で、ヴィト・コルレオーネが果物を買うシーンは、ガンビーノがモデルとなっているという説もある。

ありがとうございました!

シェアしてあげると中の人が喜ぶのでよろしくお願いしますw

あわせて読みたい

カテゴリ