三分で学ぶ!           五大ファミリー

三分で学ぶ! 五大ファミリー

三分で学ぶマフィア暗黒史
~五大ファミリー編~
part1

マフィア暗黒史について三分で学ぶコーナーです。
今回は知っているようで知らない 、五大ファミリーについて

「ゴッドファーザー」など様々な映画に登場する五大ファミリーというフレーズですが、なんとなく雰囲気で理解している人も多いかと思います。

そこで今回は分かりやすく解説していきます。

~五大ファミリーの始まり~

五大ファミリーを語る上で欠かせないのがカステランマレーゼ戦争です。

カステランマレーゼ戦争は禁酒法時代に勃発し、マフィア界最大の戦争と言われております。

この戦争が終結した後、五大ファミリーの概念が生まれることとなります。

簡単に表すとこんな感じ

そして相関図はこんな感じ
赤い枠の人物はこの後、五大ファミリーのボスになる人物です。

相関図ってワクワクしますよねw

ちなみにアル・カポネはこの時点で既にシカゴの組織を率いています。

左下にあるルチアーノ勢力は、マッセリアとマランツァーノ両者から誘いを受けました。

のらりくらりと返答を引き伸ばしていたルチアーノでしたが、マランツァーノに拷問され負傷します。

相棒ランスキーのアドバイスを得たルチアーノは、一旦マッセリア派に属しながらも両者の抹殺を狙うのでした。

マッセリアについたものの、マランツァーノ派とも内通していたラッキー・ルチアーノはマッセリアの暗殺を決行

ルチアーノはマッセリアをレストランに呼び出した。
二人はトランプをしながらマランツァーノの暗殺する作戦会議をしていました。

やがてルチアーノがトイレに立つと、殺し屋達がやってきて、マッセリアを蜂の巣にした。

マッセリア暗殺の現場写真 微注意

トランプは記者が持たせた

この写真が撮られた事からスペードのエースは不吉と言われています。

ルチアーノの寝返りにより勝利したマランツァーノは全国のマフィアを呼び寄せ、会議を開きます。

歴史好きなマランツァーノはローマ軍を参考に、現在に知られる各ファミリーの組織図を作りました。

引用元 https://www.fbi.gov/

そしてニューヨークの縄張りを五つに再編し、五つのファミリーに割り当てました。
マランツァーノは五つのファミリーのボス達を従える「ボスの中のボス」に就任。

玉座に座ったマランツァーノは、集まったマフィア達に、自らの天下を宣言したのでした。

(玉座は劇団の小道具だった。マランツァーノが借りてきたらしい)

現在マフィアの基礎を作ったマランツァーノでしたが、彼の天下は長くは続かないのでした。。。

五大ファミリー編 part2へ続く

あわせて読みたい

カテゴリ