三分で学ぶ! 五大ファミリー part2

三分で学ぶ! 五大ファミリー part2

三分で学ぶマフィア暗黒史
~五大ファミリー編~
part2

こんにちは!


前回に引き続き五大ファミリーの歴史をさくっと紹介していきます。

天下を取ったマランツァーノでしたが、傲慢な態度が目立つようになり反感を買います。

マランツァーノが会議を開いたその夜、ルチアーノとランスキーはボス達の元を訪ね、根回しを始めます。

ラッキー・ルチアーノ

と同時にマランツァーノにも計画がありました。
マランツァーノは、若手のマフィア達
「ラッキー・ルチアーノ」「ダッチ・シュルツ」「フランク・コステロ」「アル・カポネ」等をまとめて始末するつもりだったのです。

しかしルチアーノが先手を打ち、四ヶ月後にマランツァーノ暗殺が決行されます。

作成の立案はマイヤー・ランスキー

ランスキーと家族

実行犯の中には、後にラスベガスを創る男 バグジー・シーゲルもいました。

ランスキーの入念な指導の元、国税庁の職員に成り済ました殺し屋達は、調査と偽りマランツァーノのオフィスへ侵入。

マランツァーノはナイフで刺された後、射殺されました。

※画像 微注意

殺害されたサルヴァトーレ・マランツァーノ

一説にはマランツァーノ暗殺に合わせて、全国の老マフィア40人あまりが同日に暗殺されたという話も。

その後、マランツァーノを暗殺したルチアーノ派は五大ファミリーを再編。
しかし、ルチアーノは「ボスの中のボス」の座は辞退しました。

その結果、「ボスの中のボス」はおらず、ファミリーのボスは五分の関係。
何かを決定するには多数決を取る会議制のグループとなりました。

なので映画 ゴッドファーザーの全国会議のシーンでは多数決を取っていたのです。

引用元https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

ボナンノファミリーがコルレオーネファミリーのモデルと言われているのは、マランツァーノの地盤を引き継いだからというのも理由の一つです。

(原作では、ヴィト・コルレオーネはマランツァーノを抗争の末に倒し、地盤を引き引き継ぐ)

再編の後はこんな感じ

一番左がボナンノファミリー

この会議制グループ(コミッション)
にはシカゴマフィア、フィラデルフィア、バッファロー、ロサンゼルスの有力ファミリーの参加が許されました。

また小さなファミリーでも会議の内容に関連のある時には参加が可能になった。

さらには、今まで蚊帳の外に置かれたユダヤ系もマイヤー・ランスキー、バグジー・シーゲル、ダッチ・シュルツなどが参加を許可された。

議会の議長はランスキーが勤めたと言われています。

ちなみに、再編の際にボスから降格したスカリーチェは暗殺されてはおらず、もう少し生きます。

次回からは各ファミリーの有名マフィア
、映画に登場したマフィアをさくっと紹介していきます。

あわせて読みたい

カテゴリ