三分で学ぶ!バグジー&コステロ

三分で学ぶ!バグジー&コステロ

三分で学ぶマフィア暗黒史

フランク・コステロ&バグジー・シーゲル 編

前回のルチアーノ&ランスキーに続き、紹介していきます!

フランク・コステロ

フランク・コステロ

映画 ゴッドファーザーのヴィト・コルレオーネのモデル。

ヴィトのしゃがれ声はコステロを真似している。

コステロの公聴会

合法事業も数多く手掛け、政治家やFBI長官とも友好関係を結んだ。
その事から「暗黒街の首相」と呼ばれた。

ルチアーノの海外追放後は代理ボスを勤めた。 暗黒街の首相と呼ばれ、気品のある振る舞いを好んだ。

公聴会がTV中継された事はあまりに有名。

「あの男は獣どもにルールを守らせている」

「威厳があっておのずと気品がにじみでている」 と評された。

サム・ジアンカーナやミッキー・コーエンなど多くのフィアに尊敬され、引退後は多くマフィア達がコステロを訪ね、アドバイスを求めた。

意外にもボディーガードを着けず、タクシーや徒歩での移動を好んだ。

タクシーに代金を置き忘れるなどおっちょこちょいな一面も。

ベンジャミン・バグジー・シーゲル

バグジー・シーゲル

一番年下のバグジーは、子供の頃にランスキーと知り合い 「マイヤー&バグジーギャング団」を結成。

酒密輸業者の下請けで稼いだ。

バグジーは、殺し屋としても一流で、大物マフィア暗殺の実行犯でもあった。

ラスベガスのカジノホテル フラミンゴ 建設に尽力するも、建築費用の横領を疑われてしまう。

ランスキーが必死に庇うものの、 ボス達に処刑されてしまった。

砂漠にラスベガスを造った男として知られ、現在でも多くの人から尊敬を集めている。

彼が建設したフラミンゴ・ホテルは現在もラスベガスにあり、高い人気を誇っています。

ゴッドファーザーのモー・グリーンのモデルとしても有名。

自身は「バグジー」の呼び名を嫌い、呼ばれると激怒したという。

とてもハンサムで、ハリウッド女優と毎晩派手に遊び歩いた。

ジョージ・ラフトなど多くの俳優とも交流を持った。

彼のロマンチックな話はこちらで詳しく

次回は四人を取り巻くマフィアを一挙紹介。

二人のグッズと書籍はオンラインストアへ

あわせて読みたい

カテゴリ