最後の   ゴッドファーザーの        予言

最後の ゴッドファーザーの 予言

以下ニュースサイトの記事を参考に執筆

45年前に作成されたFBI文書には、1976年に行われコミッションの内容が事細かに記載されています。

この時のコミッションでは、20年ぶりに新メンバーをの加入を許可するかどうか、が議論されました。

(マフィアの新規採用を辞めたのはカルロ・ガンビーノ)

1976年のコミッションでもカルロ・ガンビーノは、新規採用が情報提供者の侵入につながるのではないかという懸念を述べました。

カルロ・ガンビーノ

ガンビーノは、新しいメンバーがマフィア界に驚異をもたらすと確信していました。

結局のところこの予感は正しかった。

その同じ年、ボナンノファミリーにドニー・フラスコが潜入しました。

ドニー・ブラスコ

しかし文書によると、〝新規メンバー採用〟は4対1で可決。
ガンビーノは、しぶしぶ五大ファミリーに、それぞれ新しいメンバーを10人、採用する事に同意した。

ガンビーノファミリーのカポ ブルース・モウは、「彼らは新世代を信用しなかった。彼らは新しいものを好きではなかった」と〝新規メンバー採用〟に反対したマフィアについて語った。

この時の新規採用メンバーには、ヴィンセント・ジガンテについて証言する トーマス・スペロ

ヴィンセント・ジガンテ

ジョン・ゴッティについて証言する サミー・グラヴァーノがいた。

サミー・グラヴァーノ

さらに第三回の採用では、ドニー・ブラスコを正規メンバーに採用する予定でした。

もし、カルロ・ガンビーノの意見が通っていればマフィア史は大きく変わっていたでしょう。。

あわせて読みたい

カテゴリ