三分で学ぶ!ヴィト・ジェノベーゼ

三分で学ぶ!ヴィト・ジェノベーゼ

三分で学ぶマフィア暗黒史

~ ヴィト・ジェノベーゼ編~

ヴィト・ジェノベーゼ

ルチアーノファミリーのアンダーボスを勤め、ラッキー・ルチアーノの忠実な友だった。

腕利きの殺し屋としても知られていて、ジョー・マッセリア暗殺の実行犯の一人でもある。

イタリアに逃亡していた際には、ムッソリーニに取り入り、富を築いた。

その後、連合国軍がムッソリーニを倒すと、アメリカ海軍にも取り入り、通訳として雇われる。

その際には軍需品を闇市に流して、大金を稼いだ。

しかし、事が露見したジェノベーゼは、アメリカへ連行されてしまう。

それでも、賄賂と証人の殺害により、釈放された。

アメリカへ戻ったジェノベーゼは、ルチアーノがアメリカから去ったのち、組織を指揮していたフランク・コステロの座を奪おうとする。

フランク・コステロ

このコステロvsジェノベーゼの争いは多数の犠牲者を出すと共に、マフィア自体にも大打撃を与えた。

この争いで、フランク・コステロは狙撃され引退。

ジェノベーゼは、全国会議を召集し「ボスの中のボス」であることを宣言しようとしたが、警察に匿名の通報があり、会議に参加したメンバーはほぼ逮捕された。(アパラチン事件)

この事件をきっかけに失脚。
事件を仕組んだのはランスキーとコステロと言われている。

部下には、映画「バラキ」で知られる、ジョセフ・バラキがいた。

ジェノベーゼが誤って、バラキを裏切り者と思い込み、殺害指令を出したことからバラキは当局に寝返る。

バラキの証言により、マフィアの内情が暴かれた。

この証言を元に書かれた「バラキペーパー」が映画の原作となっています。

ジェノベーゼはゴッドファーザーのヴィト・コルレオーネのライバル エミリオ・バルジーニのモデルと言われています。

バルジーニと同じく、麻薬ビジネスに乗り気でした。(コステロは麻薬ビジネス否定派)

ライバルのコステロが、上品な服装や振る舞いを好むのと対照的に、ジェノベーゼはいかにも輩のようなスーツを着ていた。

余談

人妻に惚れたジェノベーゼは、、旦那を殺害させて妻を奪ったことがある。

その妻と結婚し溺愛していたが、妻が離婚したいと言い出した。

妻は法廷で、ジェノベーゼの闇ビジネスについて赤裸々に語った。

後年ジェノベーゼは、妻の事を思い出して、号泣したという。

最期は獄中で亡くなりました。

ちなみにお孫さんがおり、今も元気です。

ジェノベーゼのお孫さん(左)

あわせて読みたい

カテゴリ