映画 バラキを紹介!

映画 バラキを紹介!

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!

今回は、映画「バラキ」を紹介していきます。

バラキは、言えば映画史、マフィア史どちらの面でも重要な一作。

※ほぼネタバレなしなので、まだ見てない方もご安心ください。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

基本情報

監督 テレンス・ヤング

主演 チャールズ・ブロンソン

あらすじ

原作は、実際にマフィアから当局に寝返った、ジョセフ・バラキの証言をまとめた「バラキペーパーズ」。

マフィアの内幕を初めて暴露した男の人生が描かれます。

ゴッドファーザーとの関連

こちらの作品は、「ゴッドファーザー」と同年に上映されました。

そのため、どうしても「ゴッドファーザー」と比較されてしまい、当初の評価は低めでした。

しかしゴッドファーザーと同様に、ジョセフ・コロンボ率いる「イタリア系アメリカ人公民権同盟」から抗議を受けた。

さらに映画の制作が発表された際には、脅迫の電話が相次いだ。

ある意味〝お墨付き〟の作品。

もう1つの、ゴッドファーザーとの共通点は、バラキ公聴会。

実際のバラキ

バラキの証言の様子は、ゴッドファーザーpart2の公聴会シーンで再現されました。

オススメポイント

本作は、兵隊の視点から見たカステランマレーゼ戦争というのも新鮮ですし、

この時代をサルヴァトーレ・マランツァーノ側からの視点で描いているのも面白いです。

同時期を描いた作品には、「モブスターズ」「ボードウォークエンパイア」などがあるので是非見比べてみてください。

登場人物については、

こちらの記事の相関図

を見ると諸々、解りやすいです。

ジョセフ・バラキが結婚したのはガエタノ・レイナ(右側にいる)の娘でした。

バラキでは、シンシン刑務所をロケ地に、さらに囚人がエキストラとして参加しています。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

作品に脅迫が来ていたことを思うと、怖いですねw

シンシン刑務所と言えば、ジェノベーゼファミリーと深い関わりのあるマーダーインクのメンバーが処刑されております。

ルイス・バカルターについてはこちら

ちなみに、ロケ地など細部までリアリティを重視した作品ですが、「あるモノを切り取るシーン」だけは映画の脚色でした。

個人的なオススメポイントとしては、ラッキー・ルチアーノがとっても格好いいので、注目していただけたらと思います!

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

※以下ネタバレあり

細かい話

細かい話ですが、ワールドトレードセンターが映るシーンがあるのは撮影ミスで、当時はまだありませんでした。

また、最後のナレーションで、「ジェノベーゼはバラキより6ヶ月早く亡くなった」とありますが実際には二年以上の間があります。

実際のその後

バラキは証言と引き換えに無人島に行けるよう交渉していた。

しかしその約束は守られず、バラキは自殺したと言われています。

映画から感じる後味とだいぶ違う。。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ソルジャーながらマフィアの歴史を動かしたバラキ。

マフィアを語るにはかかせない存在です!

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ