三分で学ぶ!         ルイス・バカルター

三分で学ぶ! ルイス・バカルター

三分で学ぶマフィア暗黒史 ~ルイス・レプケ・バカルターと
殺人株式会社編~

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

今回は、マーダーインクのボスにして狂暴な男。でも腰の低いルイス・レプケ・バカルターを紹介していきます。

殺人株式会社ことマーダーインクについてはこちら

ルイス・バカルター

暴れん坊として知られるレプケは、マイヤー・ランスキーにスカウトされ仲間となり、後にマーダーインク(殺人株会社)のリーダーとなる。

無数の殺しに関わったとされ、数は100件とも400件とも800件以上とも。

カリスマ性を持っており、個性豊かで優秀な殺し屋達を従えた。

しかし、指名手配された際に、愛想を尽かしたラッキー・ルチアーノに裏切られる。


「自首をすれば、罪が軽くなるよう取引をした」と言われたレプケは、信じて自首をした。

逮捕された時のバカルター
取引が成立したと思いニコニコ

その後、死刑判決が下る。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ニコニコのレプケを見ると心が痛む。。

レプケは、死刑となった最初で最後のマフィアのボスとなった。

死刑になる前「私は死刑を回避する為に、情報を提供したりしていない」と仲間達に声明を出した。これは言うまでもなくマフィア達へのメッセージである。

判決を聞くバカルター

凶暴な仕事スタイルと裏腹に、にこやかで部下の面倒見が良く、私生活では家で静かに過ごす事を好んだ。

またとても腰が低かったとも言われている。

ちなみに現在広く知られる「ヒット」という言葉。

「ヒットマン」「ヒットした」など幅広く使われているが、これはレプケが創った言葉。 当時、ヒットと言い換えておけば、殺しの事だとバレずに済んだ。

死刑の当日。

レプケは最期の昼食に、ステーキ、フライドポテト、サラダ、パイを。夕食には、ローストチキンとサラダなどを頼んだ。

電気椅子を目の当たりにしても、冷静だったと言われています。

バカルターの葬儀の様子

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

レプケは、個人的に好きなマフィアの一人で、グッズなど販売したいなと思っております。

ルイス・〝レプケ〟・バカルターの貴重映像はこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ