三分で学ぶ  アルバート・アナスタシア

三分で学ぶ アルバート・アナスタシア

三分で学ぶ マフィア暗黒史
アルバート・アナスタシア

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは! 今回は「マフィアの死刑執人」
アルバート・アナスタシアを紹介していきます!

マフィア界のシンデレラ

アナスタシア家族

18才の時、港で働いていいたアナスタシアは、同僚を殺害した罪で死刑判決を受けます。

しかし二年後、証人が消えたことにより釈放となる。

死刑判決を受けたが、その後出世したアナスタシアは「マフィア界のシンデレラ」と呼ばれるようになった。

ルチアーノとの出会い

やがてジョー・マッセリアの配下に入り、正式にマッセリアの一員となった。

その頃、ラッキー・ルチアーノ、フランク・コステロ達と出会う。
アナスタシアはルチアーノの器量に感服し、忠実な友となった。

ルチアーノ達の仲間内では、規律に厳しかったアナスタシアは、目付役のような役割を果たしたそうです。

その後、ルチアーノと共にマッセリアを暗殺。

アナスタシアはマッセリア殺害の実行犯の一人だった。

関連 マッセリアと五大ファミリーについてはこちら

五大ファミリーが編成された際にはマンガーノファミリーのアンダーボスとマーダーインクの副ボスを兼任した。

マーダーインクについてはこちら

この頃からアナスタシアに「マッドハッター」というあだ名がつけられた。

ラッキー・ルチアーノ追放後

ルチアーノが追放された後も、アナスタシアはルチアーノに忠実だった。

アナスタシアは、ルチアーノの代わりにファミリーをまとめるフランク・コステロと親密な関係を結んでいた。

他には、ジョゼフ・ボナンノとも仲が良く、ボナンノの息子をよくコパカバーナへ連れていったし、自分のファミリーへ入れようと申し出た事もあった。

その後、レルズがマーダーインクを密告する事件が起こる。

レルズがアナスタシアに関しても証言を行うと知った、ルチアーノとコステロは直ちにレルズを始末させた。

戦争とアナスタシア

第二次世界大戦中、ルチアーノが恩赦を得る目的で、政府に協力する。

その際、アナスタシアはルチアーノとシチリアのマフィア達との連絡係りを勤めた。

その働きにより、シチリア上陸作戦はスムーズに進んだ。

そんな頃、捜査手がアナスタシアへ迫る。
アナスタシアは捜査を逃れる為に陸軍へ入隊し、なんと軍の教官に抜擢された。

この事は、後々まで自慢の種だった。

左 アナスタシア

ボスへの道

アナスタシアはマンガーノの部下だったが、彼を通さずコステロに便宜を図るなど、マンガーノを軽んじていた。

そのためマンガーノとアナスタシアの仲はかなり険悪に。

フランク・コステロの視点から見ると、ライバルのヴィト・ジェノベーゼ派閥に属しているマンガーノが邪魔だった。

そこでコステロは、マンガーノを排除し、アナスタシアをボスに据えて自らの派閥を強固にしようと考える。

ある日、マンガーノは行方不明となり二度と姿を現さなかった。


マンガーノの弟は無惨な姿で発見された。

発見された弟のフィリップ・マンガーノ

勿論、コミッションと、コステロのライバル ヴィト・ジェノベーゼ派は黙っていなかったが、アナスタシアはマンガーノ殺害を認めなかった。

コステロとボナンノの助力もあり、アナスタシアは正式にボスになり、マンガーノファミリーはアナスタシアファミリーとなった。

アルバート・アナスタシアpart2はこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ