三分で学ぶ アルバート・アナスタシアpart2

三分で学ぶ アルバート・アナスタシアpart2

三分で学ぶ マフィア暗黒史
アルバート・アナスタシア
part2

引き続きアルバート・アナスタシアを紹介していきます!

マッドハッター

アルバート・アナスタシアには有名なエピソードがある。

ある日、アナスタシアがテレビを見ていると、銀行強盗犯について証言した男がインタビューを受けており、ヒーローとしてもてはやされていた。

密告屋が大嫌いなアナスタシアは、部下を呼び直ちにその男を殺すように命じた。

男はすぐに射殺された。

この自分とは無関係の男を殺害したエピソードは、堅気の人々だけでなくマフィア達をも震撼させた。

さらに、素手で人を殴り殺す事を好む。急にキレる、キレると止まらない。
というエピソードも加わり、アナスタシアはマフィア界でも恐怖の存在となっていた。

しかしながら、意外な事にプライベートでは紳士でいるよう勤めたそうで、ご近所さんもアナスタシアがマフィアだと知らなかった。

アナスタシアの結婚式の様子

ジェノベーゼの策略

ヴィト・ジェノベーゼは、フランク・コステロの味方であるアルバート・アナスタシアを憎々しく思っていた。

ヴィト・ジェノベーゼ

ジェノベーゼはアナスタシアが、マフィアの会員権を売りさばいていると指摘。

これはアナスタシアの部下 カルロ・ガンビーノとジェノベーゼのアナスタシアを処刑するための策略とだった言われている。

アナスタシアに好かれていなかったガンビーノ

カルロ・ガンビーノについてはこちら

マフィアの掟に背いたアナスタシアは、一貫の終わりかと思われた。

しかし、アナスタシアはアンダーボスのフランク・スカリーチェがその犯人だったと発表、殺害した。

※スカリーチェは、「五大ファミリー編」で紹介した、あの人です。覚えてますか?

ランスキーとアナスタシア

マイヤー・ランスキーはこの頃、ハバナのカジノを一手に仕切っていた。

マイヤー・ランスキー

アナスタシアは、ルチアーノを尊敬しているが、ルチアーノの親友であるランスキーはあまり尊敬していなかった。

金に少々、汚くなっていたアナスタシアはランスキーが自分を仲間外れにして、適切な分け前を払っていないと考えた。

まずアナスタシアは、ランスキーのライバル サント・トラフィカンテ・ジュニアと組んで、ランスキーに圧力をかけた。

それから、アナスタシアはハバナへ乗り込んだ。

そこで、アナスタシアは怒鳴り散らしたりと横暴な振る舞いで、現地のマフィアを威嚇、分け前を要求した。

対してランスキーは、アナスタシアを王様の様に扱い、あるホテルカジノの権利を与えると提案。

しかし、アナスタシアは納得せず、不穏な空気が流れた。

同じ頃、フランク・コステロが狙撃される事件が起こる。
コステロは、一命をとりとめたがコステロは引退を発表した。

この時、アナスタシアはジョゼフ・ボナンノにジェノベーゼを消そうと持ちかけたが、様子を見るよう言われた。
(ボナンノはコステロ派で、ジェノベーゼと不仲だった)

コステロとランスキーは親友だったが、アナスタシアとランスキーと対立していた。

ジェノベーゼとガンビーノにとってもアナスタシアは邪魔者だった。

アナスタシアを取り巻く環境は、複雑なものとなっていった。

死刑執行

親しかったマフィアのボス ジョゼフ・ボナンノがアメリカを留守にした際に、運命の日がやってきた。

アナスタシアが、理髪店で蒸しタオルで顔を覆っていた所に男達が現れ、有無を言わさずに銃を撃った。

起き上がったアナスタシアは、目の前の鏡に写った自分を殺し屋と間違えて飛びかかり、そのまま亡くなった。

アナスタシア殺害現場

新聞は、
「死刑執行人が死刑に処された」
「電気椅子を逃れた男の最後は理髪屋の椅子だった」などと報じた。

運び出されるアナスタシア

アナスタシア暗殺には、ランスキー説やトラフィカンテが裏切った説。

カルロ・ガンビーノとヴィト・ジェノベーゼ説などがある。

実行犯は、クレイジー・ジョーとも言われている。

アナスタシアの暗殺を知ったボナンノは、責任を感じて、助けられなかった事を後悔した。

アナスタシアが〝処刑〟された床屋の椅子

その後の波乱や、アルバート・アナスタシアに憧れてマフィアとなった男 ジョン・ゴッティの話は次の機会に。。

ありがとうございました!

あわせて読みたい

カテゴリ