マーダーインク(殺人株式会社)とマイヤーランスキー

マーダーインク(殺人株式会社)とマイヤーランスキー

マーダーインクとマイヤーランスキー

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!

今回はマーダーインク(殺人株式会社)についてランスキーさんにお話をききました!

こちらは販売中のTシャツのデザインなのですが、左から二番目の人物に注目してください。

彼の名前は、フィリップス・コボリック。

マーダーインクのボスであるルイス・バカルター(眼帯の人物、左から四番目)に認められ殺し屋として活躍した人物です。

コボリックは殺し屋稼業の他にも、マイヤー・ランスキーと共同でカジノを運営したりもしました。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ランスキーさんとコボリックは知り合いだそうなので、色々と教えてください!

コボリックと祖父のマイヤーランスキーはかなり親しい間柄だったよ

ランスキーさん
ランスキーさん
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

プライベートでも交流が?

彼は紳士だったよ。
私が子供の頃、よく家に遊びにきていて、カードゲームを一緒にしてくれたんだ

ランスキーさん
ランスキーさん
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

無慈悲な殺し屋集団と思われがちなマーダーインクの意外な一面ですね!

しかし、子供好きだったコボリックですが、1971年4月7日にドラム缶に詰められた遺体となって発見されてしまいました。

マイヤー・ランスキーは仲間の誰よりも長生きしたことで知られていますが、その人生は親友達との別れの連続だったのです。。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

マフィア史のほぼ全てを目撃したマイヤーランスキーの生涯についても掘り下げて紹介していきます!

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ