マフィア映画 ビリー・バスゲイトをレビュー!

マフィア映画 ビリー・バスゲイトをレビュー!

映画 ビリー・バスゲイト

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!
今回は、映画「ビリー・バスゲイト」を紹介していきます。

基本情報

監督 ロバート・ベントン

主演 ダスティン・ホフマン

その他にも、ニコール・キッドマンやブルース・ウィリス、スティーヴ・ブシェミなど豪華メンバーが出演している。

あらすじ

1935年 15才の貧しい少年、ビリー・バスゲイトはマフィアのボス、ダッチ・シュルツと出会う。

少年はシュルツに憧れ、弟子入りするが。。

idim

解説

この映画では、ダッチ・シュルツの側近となったビリー・バスゲイト(架空の人物)の視点からシュルツの最期の一年が描かれます。

シュルツを演じるのは、ダスティン・ホフマン。

ダスティン・ホフマンと監督
imdb
実際のダッチ・シュルツ

数々の作品に、やたら下品な悪役として描かれてきたダッチ・シュルツを格好よく演じています。

と言っても、実際のダッチ・シュルツの凶暴性もしっかりと描かれていて、〝恐ろしいダッチ・シュルツ〟もしっかり堪能できます。

撮影時ホフマンは53才でしたが、実際なシュルツは33才でした。なので実際のシュルツは映画のイメージよりもかなり若いです。

ちなみに、ビリーを演じたローレンは21才ですが、15才の設定でした。

この映画の大部分は、史実に基づいているので、〝ダッチ・シュルツ入門〟にもオススメです!

お気に入りポイント

本作はバリバリのマフィア映画ではなく、主人公ビリーの成長やちょっと切ない年上の女性との恋などが描かれています。

作中の出来事は、ほぼ一夏の出来事なので、ある意味「夏休み映画」でもあります。

もう一つ作品に切なさを加えているのは、ダッチ・シュルツの参謀オットー・バーマン。

ビリーが「学ぶなら、キングの元でなければ」と言ってシュルツに気に入られた事を知っているバーマンは、

「昔のボスを見せてやりたかったよ。 本当のシュルツだ。キングだったよ」

とビリーに語ります。

後年の、追い詰められたシュルツは、本当のシュルツではないんだ。全盛期はこんなもんじゃなかったんだ。と訴えるバーマンからは年月の無情さを感じさせられます。

個人的には、〝ゴッドファーザーpart2〟の「我々はローマ帝国だった」という、過去に想いを馳せる名ゼリフを思いおこしてしまいます。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

という訳で、子供も大人も切なくなれる映画になっております!

imdb

その他の作品とのつながり

ダッチ・シュルツといえば、バンピー・ジョンソンとの抗争を描いた映画「奴らに深き眠りを」

imdb

コッポラ監督の「コットンクラブ」

imdb

などに登場しています。

ダッチ・シュルツは、史実以上に、銀幕で活躍しているイメージがありますね!
(悪役ですが。。w)

imdb

「ビリー・バスゲイト」を含め三作品は、ダッチ・シュルツの死で終わるのですが、時系列順に並べるとしたら
「コットンクラブ」→「奴らに深き眠りを」「ビリー・バスゲイト」となります。

その辺りは マフィア暗黒史年表 をご覧ください!

そして、書籍 「ダッチ・シュルツ 最期のことば 」では、映画三作のその後のダッチ・シュルツが描かれています。

合わせて読んでみてください!

シュルツを暗殺したマーダーインクのグッズはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ