3分で学ぶ!           マフィアの始まり   part2

3分で学ぶ! マフィアの始まり part2

こんにちは!

昨日のpart1に続き、アメリカマフィア誕生の歴史を解説していきます。

ヴィト・カッシオ・フェッロ

1900年代前半、イタリアでボスの中のボスとして尊敬を集める男がアメリカへ渡った。

ヴィト・カッシオ・フェッロである。

ヴィト・カッシオ・フェッロ

住民に優しく、決断力と度胸を備えたフェッロは、誰からも尊敬させるマフィアだった。

そんな彼が、アメリカへやって来たのは他のマフィアと違い、困難から逃れる為ではなかった。

フェッロは、アメリカの血生臭い争いを終わらせ、強大な帝国を築こうと考えたのだ。

フェッロは、アメリカのマフィア達から歓迎された。

二年間、ニューヨーク、ニューオリンズなどを転々とし、マフィア達に様々な教えを授けた。

特にフェッロの「カモを活かさず殺さず、アメとムチを使いこなせば、ただ暴力を振るうよりも利益は多くなる」という考え方は、現在でも多くのマフィアが見習っている。

そんなフェッロにも、アメリカ国内で当局の目が向けられるようになる。

数々のマフィアを捕らえた腕利きの刑事 ジョーゼフ・ペトロシーノが、フェッロに狙いを定めた事により事態は悪化していく。

遂に、フェッロはアメリカでの活動を切り上げイタリアへ帰国。

しかし、それを追ってペトロシーノもイタリアへ渡った。

ジョーゼフ・ペトロシーノ

二人は共に決着を望んでいた。

シチリアに到着したペトロシーノは、レストランで食事を済ませ、外に出た所を6発撃たれて死んだ。

撃ったのはなんとボスの中のボス フェッロ本人。

フェッロはこの件について、「俺のやったことに私情は関係ない。売られた喧嘩を買ったまでだ」と語った。

この報復として警察は、アメリカ国内にいたフェッロの部下達を逮捕した。

ヴィト・カッシオ・フェッロ

フェッロアメリカに帝国を築くという当初の目標を果たすべく、信頼できる部下 サルヴァトーレ・マランツァーノをアメリカへ送り込み再起を図る。

サルヴァトーレ・マランツァーノ

その後フェッロは逮捕され、1943年に刑務所で死んでしまうが、フェッロの遺志はしっかりとマランツァーノに引き継がれていた。

その後、マランツァーノがアメリカマフィアを組織化する流れは
五大ファミリー編 で紹介した通りである。

五大ファミリーの父はサルヴァトーレ・マランツァーノであったが、その祖父と言える人物は、フェッロであった。

さらにマフィアをアメリカに根付かせたエスポジートは曾祖父といえるだろう。

そして、さらに〝主役のバトン〟はマランツァーノからチャーリー・ラッキー・ルチアーノへと渡されてゆくのであった。。

ありがとうございました!

新商品を販売中です。ぜひ、ご確認ください!!

あわせて読みたい

カテゴリ