ダッチシュルツ   最期の言葉を解説

ダッチシュルツ 最期の言葉を解説

こんにちは!

書籍紹介コーナー
第一段は、
ダッチ・シュルツ 最期のことば

表紙もシンプルで素敵

内容

凶暴なマフィアダッチ・シュルツは撃たれて病院に担ぎ込まれました。

ダッチ・シュルツ
撃たれたダッチ・シュルツ

この有名な写真の後、シュルツは22時間生きており、その間によく解らない言葉を発し続けました。

この言葉をよく聞くと、シュルツは撃たれた事を自覚しており、しかも産まれてからの出来事を追体験しているらしいのです。

これが俗にいう〈走馬灯〉発見の瞬間とも言われています。(諸説あり)

そこで、シュルツの発した言葉を時系列準に並べ替えたのが本書。

シナリオ形式という珍しい形式でまとめられています。

まとめ

正直、マフィア本の中でもかなり異色な一冊。

好き嫌いは別れると思います。

本書はダッチ・シュルツが主役の小説だったり、歴史を解説するものではありません。

しかし、良い意味で狂った作品で、シュルツと共に走馬灯を見る事が出来ます。

そんなに厚い本ではないので、一気に読み切り、走馬灯にどっぷり浸かる事をオススメ致します。

ちなみに本書は、ロバート・デ・ニーロが気に入り、主演で映画化の企画もありました。

次回は王道エンターテイメント大作をご紹介致します!

あわせて読みたい

カテゴリ