ビール男爵       ダッチシュルツの 地下道

ビール男爵 ダッチシュルツの 地下道

ダッチ・シュルツの地下道

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!

今回は、ヨンカーズタイムズが報じた「ダッチ・シュルツの地下道」を紹介していきます!

以下翻訳

ヨンカーズで語られていない物語の1つは、伝説のギャングダッチ・シュルツとヨンカーズとの物語です。

1920年代と30年代の禁酒法の時代にニューヨーク市の「ビール男爵」として知られていたシュルツは、どうやら彼のビールをヨンカーズで醸造し、彼の部下が地下道に造ったホースを通して、ビールを流していました。

ダッチ・シュルツ


シュルツが地下道を使ってビールを流通させるのを助けたのは、トム・ブローガン。

ブローガンは50年間ヨンカーズの伝説的な政治家であり、ニューヨークのタマニーホールが民主政治と政府を支配していたのと同じように、彼が支配した民主政治を介して都市を支配していました。


数年前、私たちは元ヨンカーズ市裁判所のリチャード・スウィーニー裁判官からオランダ人とヨンカーズの地下道で流通したビールについての話を聞きました。

1920年から1933年まで、米国ではアルコール飲料の販売、製造、輸送が禁止されていました。


その頃、ダッチ・シュルツとして知られているアーサー・フレーゲンハイマーは、ヨンカーズ醸造所を管理し、密造酒造りに使用していました。

醸造所は政府からニアビールとアイスクリームを生産する許可を得ていました。
そして、ニアビールは日中に工場から出荷されましたが、本物のビールは夜に出荷されました。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ニアビールはほぼノンアルコールみたいなビールですw

1930年9月29日、市の労働者たちは、地下道全体でヨンカーズ醸造所からのビールを流すホースを発見しました。

このデリバリーシステムがどのように機能していたか詳しくは謎ですが、夜にはシュルツの手下がが修理工に扮し、ビールを流すホースを敷設したようです。

流されたビールは配布ポイントで、ビールが樽詰めされ、スピークイージーに届けられました。

1934年、禁酒法撤廃後、ニューヨーク州のアルコール飲料規制法が施行され、酒類の販売許可が必要となりました。

シュルツがヨンカーズ醸造所の所有者であり運営者である場合、ビールの製造および販売の許可が得られないと思われたため、フォーゲルという人物をフロントマンとして雇い、約10万ドルの現金と住宅ローンを彼に提供しました。

ダッチシュルツの遺産

余談ですが、シュルツは1935年にマーダーインクによって殺害される少し前に、数百万ドルの現金と債券を箱に入れ、ボディーガードのローゼンクランツと共にニューヨーク州北部のどこかにそれを埋めた。それは未だに発見されていません。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ちなみに、ローゼン・クランツは、「ビリー・バスゲイト」で〝ルル〟と呼ばれていたあの男です!

ダッチ・シュルツ最期のことば についてはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ