映画スカーフェイスのトリビア

映画スカーフェイスのトリビア

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!

今回はゴッドファーザーと並び大人気映画「スカーフェイス」のトリビアをご紹介していきます!

スカーフェイスの撮影秘話や怪しい噂

トリビア1

当初、トニー・モンタナ役はロバート・デ・ニーロに依頼された。
がデ・ニーロは断った。

トリビア2

アル・パチーノは役作りのため、ナイフ戦闘の専門家やボクサーから指導を受け、より凶暴そうな体型作りを行った。

トリビア3

アル・パチーノは役作りのためキューバ訛りのスペイン語も学んだ。

トリビア4

本作は「暗黒街の顔役のリメイク作品である」

トリビア5

監督に脚本を依頼されたオリバーストンは当初依頼を拒否した。
元ネタの「暗黒街の顔役」があまり好きではなかったからである。

トリビア6

スターンはコカイン中毒と戦いながら脚本を書き上げた。
ちなみに「暗黒街の顔役」で描かれたアルコールと禁酒法の問題を薬物に置き換える事により、より現代的なテーマを盛り込んだ。

トリビア7

エルヴィラ・ハンコック役のミシェル・ファイファーはその当時知られていない女優であり、パチーノとデパルマの両方が彼女のキャスティングに反対した。

トリビア8

エルヴィラ役にはシャロン・ストーンなどが候補にあがっていた。

引用元https://m.imdb.com/title/tt0086250/

トリビア9

ミシェルは役作りの為に食事をほぼ取らず、中毒者の様な体作りを行った。

トリビア10

マニー・リベラ役のスティーブン・バウアーはキャスト中、唯一のキューバ人である。

トリビア11
当初、マニー役の候補はジョン・トラボルタだった。

トリビア12

銃撃戦のリハーサルには、いくつかのダミー弾を発射する銃が使用された。
発射されたばかりの銃砲身は高熱になっており、それを掴んだアルパチーノは大火傷をしてしまう。
その火傷で、二週間撮影は中止された。

引用元https://m.imdb.com/title/tt0086250/

トリビア13

ちなみにそのシーンの一部を撮影したのはスティーブン・スピルバーグ

トリビア14

キューバ人以外の俳優が、映画のキューバ人キャラクターが犯罪者として描写されることに異議を唱えた。
そのためクレジットには免責条項として、「映画の登場人物はキューバ系アメリカ人を代表していません」と書かれている。

トリビア15

舞台はマイアミの設定だが、マイアミ観光局がイメージの悪化を懸念したため、撮影のほとんどはロサンゼルスで行われた。

引用元https://m.imdb.com/title/tt0086250/

トリビア16

初めてテレビ放映された際に、あまりの「ファック」の多さに、「ファック」を含むセリフは全て消音にされた。

トリビア17

「ファック」は226回使用されている。

トリビア18

サダム・フセインがマネーロンダリングの為に建てた会社はモンタナマネジメント

トリビア19
ゲームソフト 「グランドセフトオート バイスシティ」の元ネタである。

トリビア20

スカーフェイスも後にオープンワールドゲーム化された。
もし映画のラストシーンで、モンタナが生き残ったら。。というストーリー

トリビア21

スカーフェイスには続編を製作する計画があった。
タイトルは「Son of Tony」

トリビア22

スカーフェイスのリメイクが予定されている

トリビア23

スカーフェイスの小説版では、映画を補完するエピソードが多数登場する。
顔に傷を負うエピソード
獄中での孤軍奮闘
難民船でアメリカへ向かう途中の遭難
フランクとエルヴィラの出会い
ソーサのバックボーン
などが描かれている。

引用元https://m.imdb.com/title/tt0086250/

トリビア24

ちなみにモンタナの顔の傷は女性トラブルでつけられたもの。

トリビア25

アメリカではスカーフェイスの前日譚の小説が出版されている。

トリビア26

チェーンソーシーンで、見張り押していたマニーがナンパする女性役は タミー・リン・レパート。
彼女は映画の公開前に行方不明となり、現在も生死は不明である。
麻薬組織が関与したと言われている。。

トリビア27

トニーモンタナの名前は、オリバーストーンの好きなサッカー選手であるジョーモンタナにちなんでつけられた。

トリビア28

お母さん役のミリアム・コロンは、パチーノより4歳年上

トリビア29

フィルムから1ショットだけ削除されたシーンがある。
チェーンでの殺害シーンの間にシャワー室のカーテンロッドからぶら下がっているバラバラの腕が映るシーンである。

トリビア30

チェーンソー殺害シーンは実在の事件に基づいている。
麻薬組織の情報提供者がチェーンソーでバラバラにされ、犯人の家に警官が踏み込んだ際に、犯人の妻は窓から現金を投げ捨て、逃走しようとした。

引用元https://m.imdb.com/title/tt0086250/

トリビア31

オマー・スアレス役のF・マーリー・エイブラハムは10代の頃ギャングだった。
演劇と出会い更正したそう。

トリビア32

当初作中のコカインは代用品として粉ミルクを使用する予定だった。
しかし、リアリティーに欠けると思った監督は別のものを使用。
それが何かは現在も秘密である。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

面白いなと思った方は是非、シェアして下さい!

スカーフェイスのロケ地についてはこちら

カリートの道のトリビアはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ