映画予習 三分で学ぶ アルカポネ 刑務所と梅毒編

映画予習 三分で学ぶ アルカポネ 刑務所と梅毒編

三分で学ぶマフィア暗黒史 アルカポネ編part4

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

三分で学ぶアルカポネpart4です。

三分で学ぶアルカポネpart3はこちらへ

最初からご覧の場合はpart1へ

カポネ刑務所へ

カポネは〝陪審員の買収〟〝関係者の殺害〟などあらゆる手を尽くした。

陪審員達

裁判で検察側はカポネの収入ではなく〝カポネの出費〟から脱税を証明しようと贅沢な暮らしぶりをアピール。

特に話題となったのは友人30人に配ったベルトのバックル。これは当時としては破格の一つ13,000ドルで購入されたものだった。

証拠となった友人に配ったダイヤのベルト

バックルの他にもシルクのパンティやオーダーメイドのスーツなど、カポネの私生活が赤裸々に語られた。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

カポネはパンティの話を暴露されると恥ずかしがっていたとか

一方カポネ側はお金は競馬で当たった物である、しかも競馬では稼いだよりも多くの大金を失ったと主張した。

裁判でのアルカポネ
裁判でのアルカポネ2

次第に追い詰められるカポネ。

しかし、判決の日カポネにはまだ余裕があった。

刑務所でもカポネはVIP待遇を受けられたし、三年もすれば出てこられると思っていたのだ。

しかし、11年の刑が言い渡されるとカポネはがっくり肩を落とした。。

カポネが裁判所から出ようとエレベーターに乗った時、デ・アンジェロもといマローン捜査官と出くわす。

カポネはアンジェロが捜査官だと瞬時に悟り

「君の顔つきに、私は騙された」と声をかけた。
それから「 君は君の運に賭け、私は私の運に賭けた」と語った。

エレベーターを降りてから、二人が会うことは二度となかった。。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

奇跡的にこの瞬間は写真に収められていました。

右後ろにいるのがマイクマローン

カポネはその日の内に、郡刑務所へ入れられた。
(服役ではなく勾留期間)

判決を聞いた直後のアル・カポネ
アルカポネを一目見ようと集まった人々

クック郡刑務所

クック郡刑務所でカポネは職員を買収し、10人用の大部屋にボディーガードと2人で収監。

このボディーガードはダンドレアという名で、脱税裁判の際に裁判所へ銃を持って入った罪で六ヶ月の刑に服していた。

タンドレア
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

※映画「アンタッチャブル」ではフランク・ニッティが銃を持っていた事になっていました。

この写真で後ろを走っているのもタンドレア

勾留中でもカポネは帝王だった。
料理は妻の手料理、ベッドは最高級品、面会も自由だった。
さらには愛人や売春婦を呼ぶこともできたし、コカインもやり放題。

だがカポネは1日中遊んで過ごしていたワケではない。

再審を請求したり、マスコミに訴えかけたりとあらゆる手段で服役を逃れようとした。

群刑務所でのカポネ

だが、クック郡刑務所へ来て7か月後、アトランタ刑務所へ送られる事が決まってしまう。

カポネは所長の計らいで家族と最期の別れの場を儲けることができた。

これ以降カポネは妻と息子にしばらく合えない事に。。

丸部分が収監されていた部屋

アトランタ行きの列車までは、カポネの仲間が奪還しに現れる事が懸念された。

そこでエリオット・ネスとアンタッチャブルが護衛を勤めることに。

エリオット・ネスがアル・カポネを見たのはこれが最後だった。

エリオットネス
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

アトランタ収監までにカポネは組織をフランクニッティに託したと言われています。

列車でのアルカポネ

アトランタ刑務所

列車を降りるアルカポネ

アトランタは劣悪な環境で知られており、カポネの顔馴染みは一人もいなかった。

ここにきてカポネは初めて検査を受け、淋病と梅毒に感染している事が明らかとなる。

治療を受けたものの、梅毒の方は末期となっていた。

収監中のアルカポネ

アトランタでカポネはパープル・ギャングの泥棒 レッド・ルデンスキーと同房となった。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

パープル・ギャングはカポネの組織やマイヤー・ランスキーと繋がっている、デトロイトのギャング団。

カポネは梅毒の影響とコカインの禁断症状に苦しみ、毎日ルデンスキーに泣き言うように。

弱ったカポネは他の囚人からいじめの対象にされてしまっていたので、そんなカポネをルデンスキーは慰めてやり、いじめる囚人には脅しをかけて守ってやった。

ルデンスキーに守られつつ、カポネは1日八時間工場で働いた。

だがルデンスキーも梅毒からカポネを守ることは出来ない。

アトランタへ入所して1ヶ月程で、カポネは文字も書けない状態になっており、時折ひどく落ち込んだり、ハイになったりするように。

それでも暗黒街の帝王は死んではいなかった。

症状の落ち着いたカポネは、出所後の計画を建てたり、弁護士を使い減刑を求めたりし始めたのだ。

シカゴのマフィア達

一方シカゴには、刑期を終えたカポネの仲間達が帰ってきていた。


カポネが不在となったいまフランク・ニッティやグージックが組織をまとめていくこととなる。

ちなみにバグズ・モランは未だに細々と酒密売業を行っていたが、禁酒法撤廃により失業していた。

カポネの刑務所暮らし

話を戻すと、徐々にカポネはアトランタ刑務所に適応しつつあった。

だが服役して二年がたつ頃、カポネはアルカトラズ刑務所行きを宣告される。

衝撃を受けたカポネは、取り乱し大暴れしたが、アルカトラズ行きを回避できるはずもなかった。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

カポネのアルカトラズ収監は、アルカトラズの宣伝目的だったとも言われています。

拷問の島 アルカトラズとカポネ

アルカトラズ刑務所は絶海の孤島に放置された軍の刑務所を再利用したもので、最も凶悪な囚人を収用する施設だった。

カポネが服役したアルカトラズ刑務所

一般的な刑務所との違いとしては、〝私語厳禁〟〝各々独房に入れられる〟などがあり、
もし反抗的な囚人がいた場合は、真っ暗闇の懲罰房に何日も入れられ、食事もまともに与えらなかった。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

そんなアルカトラズは「アメリカの拷問室」と呼ばれていました。

1934年、入所したカポネは日々、洗い物や物を運ぶなど単調な作業をして過ごすことに。

作業の様子

大人しくしていても名の知れているカポネは、再びいじめの対象となり、どつかれたりもしたし、殴り返して独房へ1日送られたりもした。

だがカポネはまだ、挫けてはいない。

毎日所長に面会し、囚人に金を貸す許可を求めてみたり、自分は可哀想な人間なんだと情に訴えてみたりした。

残念ながらそれらは、アルカトラズでは通用しなかった。

カポネはもう一つ、挫折を経験する。

刑務所内の野球チームに参加した彼は、「使えない」「とろくさい」とののしられ、ベンチに座る事しか出来なかったのだ。

そこで、楽しみを求めるカポネは一年かけて所長を説得し、1935年に楽団を結成。

この楽団には〝マシンガン・ケリー〟も参加していた。

マシンガンケリー
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ケリーはデリンジャーと

並び、有名な強盗として知られていました。

楽しくやっていたカポネだが、ある時楽団の仲間と殴り合いの喧嘩をしてしまう。

ハブられたカポネは、その後一人で歌ったりして時間を過ごした。

この喧嘩は、カポネが突如キレた為におこった。
カポネは梅毒の影響でかなり精神的に不安定となっていのだ。

落ち込むカポネをさらなる災難が襲う。

ストライキの参加を拒んだカポネは、囚人から恨みをかい、背中を数ヶ所刺されてしまったのだ。

刺した犯人は90日、独房へ入れられ狂人となった。

しかし、辛い日々にも救いはあった。
妻からの手紙にはこうかいてあった。
「あきらめずに、歯をくいしばり、いつも笑顔で」

妻はたまに面会にもやってきたが、面会室では僅かな壁の穴からしか顔を見ることしか出来なかった。

面会に来たメイカポネ
メエカポネ

その上、カポネは梅毒の影響で痴呆が進み人を識別出来なくなりつつもあった。

カポネと梅毒

アルカトラズでの生活が4年を越えた頃、カポネの体調は急激に悪化。

意味不明な事をいったり、正気を失ったりといった行動が目立つカポネは、アルカトラズ内で治療を受ける。

それでもカポネの梅毒の進行は止まらず、便を漏らしたり、暴れたり、失神した。
その一方、ふと正気に戻るといたって健康そうにみえる。

その繰り返しの結果、カポネはアルカトラズの精神病棟へ移され、檻のような独房に入れられた。

ある日、看守はカポネが隣の房の囚人と糞を投げ合って、糞まみれになっているのを目撃。

果敢に便器からすくった糞を投げるカポネを見て、看守はカポネが壊れている事を悟った。

この事件がきっかけで、カポネはもはやアルカトラズの環境には耐えられないと判断される。

カポネは残りの刑期を治療環境の整った矯正施設で過ごすこととなった。

カポネ、シャバへ戻る

1939年、八年十ヶ月ぶりに、カポネはシャバへ戻ることに。

久々に見るアル・カポネの姿に家族達は驚いた。

鬱々としており、妄想と現実の区別が時折つかなくなり、何よりも服役中の記憶は大部分が失われていた。

晩年のアルカポネ

出所したカポネはその足で病院へ向かい入院。

名医による最新の治療が行われ、なんとか退院出来る程度まで回復した。

釣りをするアルカポネ

家族とフロリダの別荘へ移住したカポネは、ボディーガードに守られつつも、組織から金銭的な援助を受けて穏やかな生活を送る。

する事といえば日光浴に散歩、釣りくらい。

全盛期の29年から30年にかけては、カポネの伝記本が多数出版され、飛ぶように売れたし、映画のモデルにもなった。
しかし、今やカポネは世間から既に死んでいると思われ、すっかり過去の人となっていた。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

この間もFBIはカポネを監視していました。

やがて数年の治療を経て、カポネはお洒落をして外出出来る程になる。

だがあくまで、梅毒の進行を遅らせているのであり、完治させる事は不可能だった。

1946年47才のカポネは医師から「12才程度の精神年齢」と診断を受けてしまう。

そして翌年、48才の誕生日パーティーを終えた後、カポネは倒れ意識不明に。

そして7日後、家族に看取られて亡くなった。

アルカポネの墓

カポネの葬式には家族とジャック・グージック等仲間達、その他カポネを慕う人たち350人あまりが訪れ彼を偲んだ。

しかしカポネの母親とメエはショックから式には参加出来なかった。

最期を共に過ごした家族 右からソニー、メエ、カポネ、ソニーの妻

怪物 アル・カポネ

カポネは生前こんな事を記者に漏らしという。

「私をまともに扱ってくれ。
私は天使じゃない。
若者の手本でもない。
意にそぐわなくても仕方なくやってきたことがある。
だが、言われているような悪人じゃない。 私も人間だ、心があるんだよ。
困っている人がいればとことん助けてやる。その点は誰にも負けない 」

カポネは死後も〝凶悪で無敵の怪物〟として映画や小説の中で活躍し続けたが、実際には一人の人間だったのだ。

アルカポネ関連記事

関連記事:アルカポネの妻メエの知られざる物語

関連記事:アルカポネの真実

関連記事:アルカポネの名言集

関連記事:セントルイスギャングとアルカポネ

関連記事:アルカポネは野球の選手

関連記事:フロリダとアルカポネ

関連記事:アルカポネ所縁の地を紹介

関連記事:歴代のアルカポネ俳優を比較

関連記事:アルカポネの乗った車10選

関連記事:新聞で見るアルカポネ年表

関連記事:アルカポネの生家が売りに出される

関連記事:聖バレンタインの虐殺の証言

関連記事:アルカポネのスープキッチン

関連記事:アルカポネの拳銃

関連記事:アルカポネ最期の4日間

関連記事:アルカポネの要塞ホテル

あわせて読みたい

カテゴリ