アルカポネの妻の知られざる物語。

アルカポネの妻の知られざる物語。

アル・カポネの妻の知られざる物語。

関連記事:三分で学ぶ!アルカポネ

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

今日も引き続きアルカポネ特集。

最も有名なマフィア アル・カポネ。彼の人生に大きな影響を与えたのは、妻のメイでした。

カポネの妻 メイ

当時のマフィアは家族と仕事を切り離していた。

イタリアマフィア式の家庭あり方でもありましたが、その最大の理由は家族を守るため。

そんな家庭を裏で切り盛りした良妻の物語です。

アル・カポネ

メイ・カポネについて

1947年、夫のアル・カポネが亡くなった後に彼女に何が起こったのかについては、あまり知られていません。 今回はその秘密に迫ります。

1897年4月11日
ニューヨークのブルックリンにアイルランド移民の娘として生まれたメアリー・ジョセフィン・コフリンは、生涯を通じてメイと呼ばれた。


彼女の人生は至って平穏。

両親は共働きでメイを育て、彼女は兄弟と共にすくすくと育った。
メイは学校を卒業すると、雑貨屋さんで働き始める。

やがてアル・カポネと出会ったメイは両親の反対を押しきり、1918年12月30日、ニューヨーク州ブルックリンで結婚。

この辺りからメイの人生は波乱に満ちたものとなります。

アルカポネと子供


結婚の数週間前の1918年12月4日、メイとアルに、男の子のアルバート・フランシス“ソニー”・カポネが誕生。


父のアルカポネが梅毒を患っていた影響から、息子のソニーは先天性梅毒を患っていた。

それは緊急の脳手術を必要とする深刻な状態だったが、ソニーは手術を受け生還。

しかし、聴覚障害が残る。


その後、アルとメイはもっと子供を作ろうとしたが、メイがアルから梅毒に感染したため、死産と流産が繰り返された。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

その後、数年のメイについては謎に包まれています。

彼女については未だに、多くが謎のままなのです。

アルカポネの浮気

雑誌の報道によると、メイがアルの浮気に気付いた事がある。

メイは離婚は切り出さなかったが、アルの愛人が全員、金髪であると知り、同じ色に髪を漂白してアルを驚かせた。

アルカポネはその後、しばらく大人しくしていたとか。。

ご存知の通りアルカポネは最終的に脱税で起訴され、1931年に連邦刑務所で11年の刑を言い渡される。

マスコミから顔を隠すメイ

アルカポネはアトランタの米国刑務所に収監された後、アルカトラズに移され、最も悪名高い刑務所の最も悪名高い受刑者となった。

その間もメイは面会に通ったし、献身的に夫が不在の家庭を支え続けた。

そして1939年にアルはついに釈放。しかしアルは廃人のようになっていた。

アルの梅毒は今や彼の脳に広がって重大な損傷を引き起こし、当時のアルではなくなっていたのだ。

そんなアルをメイは変わらず愛し、マイアミの自宅で世話をし続ける。

状態はかなり改善しアルは外出できるまでに。

それから1947年に脳卒中で亡くなるまで、メイはカポネを見物客やマスコミから守ったり、あらゆる面倒を見続けた。

マイアミヘラルド誌によるとアルの死後、メイは邸宅を売却し引っ越した。

売却した邸宅

それからもメイは悪い評判がつきまとう「カポネ」という名前を名乗り続けた。

その後のメイカポネ

1964年メイとソニーカポネは、映画会社を相手に訴訟を起こす。

彼女はテレビ番組 アンタッチャブルがアルカポネを馬鹿にし、下品な男として描いていると思い、憤った。

※このアンタッチャブルは、ロバートデニーロの出演した映画ではなく、ドラマ版。

しかし、連邦地方裁判所とシカゴ巡回裁判所は訴訟を棄却。
メイとソニーは米国最高裁判所に上訴したが、そこでも棄却された。

メイは1986年にフロリダで89歳で亡くなりました。

ニューヨークポストによれば、メイはすべての日記とラブレター(アルが刑務所から送っていた)を焼き、彼女の死後、誰もそれらを見られないようにした。

さらにカポネの死後、出版社は大金(現在の100万ドルほど)を積み、自伝を書いてくれと迫ったがメイは頑なに拒絶したというエピソードも残っている。

一体、日記には何が書かれていたのか、それは永遠の謎となりました。。

ただひとつ確かな事は、アルカポネの収監中と晩年、彼を支えたのはメイだったという事です。

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ