殺人株式会社(マーダーインク)の本社はこちら

殺人株式会社(マーダーインク)の本社はこちら

殺人株式会社はキャンディーストア

1930年代~40年代、ブルックリンのブラウンズビルに小さな24時間営業のキャンディーストアがありました。 

地下鉄3号線の高架近くにある〝ミッドナイトローズキャンディストア〟は、60代の老婆ロージー・ゴールド夫人が経営していました。

キャンディストアはいかにも平和そうで、争いとは無縁そうな雰囲気。

しかし、〝ミッドナイトローズキャンディストア〟の真の姿は殺人株式会社の本社でした。

殺人株式会社についてはこちらも

アメリカ全土で行われた殺人の指令は、このキャンディストアから発せられたのでした。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

動画を制作してみたので、良ければBGMにご使用ください。

BGMにどうぞ

ルイス・バカルターアルバート・アナスタシアが運営した殺人株式会社では一仕事の度に1,000ドル~5,000ドルの歩合と基本給が支払われたそうです。

キャンディーストアの近くには公衆電話があり、殺しを終えたメンバー達は、キャンディストアでロージーの作ったモルトミルクを食べながら電話が鳴るのを待ち、電話で依頼者に詳細を報告してから帰ったそうです。

こうしたメンバーの中には、エイブ・レルズや〝もう一人のバグジー〟、ハリー・シュトラウスなどがいました。

ちなみにグッドフェローズの主人公ヘンリー・ヒルは、シュトラウスにも憧れていたと語っています。

やがて殺人株式会社とロージー・ゴールドはこの世を去りましたが、彼女のコーキャンディーストアがあった建物は現存しています。

ちなみに、現在の所有者はこの建物が元殺人株式会社の本社だったとは知らずに購入したそうです。

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ