三分で学ぶ!        殺人株式会社

三分で学ぶ! 殺人株式会社

三分で学ぶマフィア暗黒史
~マーダーインク編~
part2

マーダーインク(殺人株式会社)の解説 part2です。

part1と合わせてどうぞ!

今回は、マーダーインクの恐ろしさがわかる殺人事件集と主要なメンバーを紹介していきます。

※刺激の強すぎる内容が多々あります。 マフィアの恐ろしい一面もまた事実であるため、このような内容となりました。

マーダーインク事件簿

case1,
シュトラウスは殺したと思った相手が生きていると知り、アイスピックにより追撃を開始。
まだ息があったので肉切り包丁で、トドメをさした。

case2,
シュトラウスと仲間は賭け屋のアーヴィングを絞殺。
死体は空き地で燃やされ、放置された。

その後、寝返ったエイブ・レルズはシュトラウスが彼の家でアーウィングを殺害したと証言した。

レルズの義母の話によると事件当日、レルズとシュトラウスは、義母にアイスピックとロープを貸してくれと頼んだ。

義母は、帰り際にシュトラウスが「噛まれた」と言っているのを聞いたという。。。

その他にも、マーダーインクの手掛けた殺しの遺体には、〈アイスピックで32回刺され、スロットマシンのフレームが彼の体に結び付けられていた〉など残虐行為が目立つものも多かった。

フレームを付けても遺体が、水面に上がってきてしまう事に気がついたシュトラウスは、遺体の胃に穴を開けるという方法を編み出した。

フレームを結び付けられた遺体

~主要メンバーと
特徴的なメンバー 一覧~

・ベンジャミン・バグジー・シーゲル


ご存知、バグジーです。

・マイヤー・ランスキー

マーダーインクの発案者。

・ルイス・レプケ・バカルター


あだ名のレプケは「小さな」という意味

・アルバート・アナスタシア


素手で相手を殴り殺す事を好んだ。

・フランク・アバンバンド


アイスピックで心臓を一突きし仕留める方法を得意とした。

・アニエロ・デラクローチェ


後にガンビーノファミリーのアンダーボスを勤める。

・ハリー・シュトラウス


マーダーインク内で、最も多くの殺しを引き受けた殺し屋。

・マーティン・バグジー・ゴールドスタイン

あだ名はシーゲルと同じ「バグジー」

ある時、標的に撃たれ負傷した事がある。

撃ったギャングは生きたまま袋に入れられ、砂浜へ埋められた。
最期はシュトラウスと共に電気椅子へ送られた。

・サミュエル・レヴィン


ダッチ・シュルツやサルヴァトーレ・マランツァーノの暗殺に関与したと言われている。

・シーモア・マグーン


マーダーインク所属の殺し屋。
死亡時期は不明だが、2003年にラスベガスで骨が発見された。

・ハリー・ハッピー・マイオーネ

あだ名のハッピーは、めったに笑わない事を皮肉ってつけられた。

相手を油断させるために、女装してセクシーに振る舞ったことがある。(相手は色っぽい女が来たと思い、扉を開けた瞬間に殺された)
全12人の殺しを引き受けた。

エイブ・レルズ

寝返った男。
多くの仲間を電気椅子へ送った。

仲間達は処刑される際、怨み事を言いながら死んでいった。

レルズは寝返った後も、自分の殺しを「芸術的だ」とよく自慢した。

裏切った仲間にも、殺した相手にも何も感じていなかったのだ。

警察に保護されたレルズは、安泰かと思われた。

しかし、その他の仲間を釈放させる為に、フランク・コステロはレルズの口を封じる為の策を講じる。

その結果、レルズは買収された警官達にホテルの窓から投げ出されたが、事故として処理される。

当時の新聞記事
投げたされたレルズ

それに満足したルチアーノは、皮肉にもこの殺しを「殺しの芸術だ」と評した。

また、「歌は上手いが空は飛べなかった」と言われた。

ちなみにマーダーインクの多くは、殺害、逮捕され数年で壊滅したと言われています。

髭の伸びたシュトラウス

ちなみに、バグジーはマフィアを怖がる友人に対して、「マフィアはマフィア同士でしか殺し合わない」と言っています。

全てがその通りとは言えませんが、マーダーインクが多くの人を惹き付ける魔力を持っている事は確かです。

余談ですが、アメリカ空軍はレザージャケットに「マーダーインク」と刺繍を施した。

それを見たヒトラーは「ギャングを真似ているのか!」と批難したそう。。。

興味深いな!と思ったらシェアして下さいm(__)m

あわせて読みたい

カテゴリ