マイヤーランスキーの娘とコパカバーナ

マイヤーランスキーの娘とコパカバーナ

マイヤー・ランスキーの

以下 サンドラの著書を元に執筆

過去の記事と合わせてご覧ください。

サンドラとアトランティックシティ会議

ランスキーとフランク・シナトラ

サンドラとマフィアのおじさんたち

娘のサンドラは、様々なナイトクラブへ遊びに出掛けましたが、コパカバーナは避けていました。

コパカバーナは、フランク・コステロのクラブであり、マスターのゴシップ・ジョン・ミラーがサンドラの行動のすべてをパパに伝えることを知っていたからです。

しかし、コパカバーナへ行かなければならない用事が出来た。

コパカバーナの店員の1人は、私から700ドルを借りていて、数か月建って返済してくれませんでした。

私は無能でしたが、借金を踏み倒されるのは我慢ならなかった。

そこである夜、クラブでリトル・オージー・ピサーノ(ルチアーノファミリーのメンバー)に会い、金を回収して欲しいと頼んだ。

リトル・オージー・ピサーノこと
本名アンソニー・カルファノ

私はオージーとコパカバーナで待ち合わせた。
私は待ち合わせに15分遅れて到着して、オージーおじさんがいない事に気がつき、15分すら待ってくれなかったオージーに腹を立てて私も帰りました。

翌朝、オージーおじさんと元ビューティークイーンのジャニス・ドレイクの遺体が、クイーンズに放置されたキャデラックから発見されました。

私は動揺しました。

ジャニスはコメディアンの妻でしたが、オージーはコメディアンの後ろ楯となって、プロデュースしていました。 関係はご想像にお任せします。。

オージーは、フランク・コステロに近い人物だった為、ヴィト・ジェノベーゼに暗殺されたと見られている。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

余談ですが、マイヤー・ランスキーは娘がマフィアのメンバーと結婚する事は、絶対に許さなかったそうです。

ありがとうございました!

関連記事:マイヤーランスキーの運転手

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ