マイヤーランスキーの娘がマフィアを語る

マイヤーランスキーの娘がマフィアを語る

ランスキーの娘がマフィアを語る

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!今回は娘から見たマイヤー・ランスキー、そして父の仲間達を解説していきます。

娘の名はサンドラ・ランスキー。

美人ですね!
マフィアの娘はたくさんいますが、一番美人なのでは。。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

写真は、1971年にエルサレムを旅行した時のもの。

サンドラは、父親がマフィアだと気づくのに長い年月を要しました。

そしてマイヤー・ランスキーの死から31年後、サンドラは、「ボードウォークエンパイア」に登場する父を見てショックを受けました。

サンドラは、知らず知らずの家に多くのマフィアと知り合いになっていました。

以下「王の娘:ギャングランドで育つ」より引用

バグジー・シーゲルは、父の古い親友「ベニーおじさん」として知っていました。

ウィリー・モレッティ、フランク・コステロも〝おじさん〟として知っていたし、自殺したエイブおじさんも知っていたしと語った。
(自殺に見せかけて殺害されたエイブ・レルズ・キッドのこと)

チャーリー・ラッキー・ルチアーノおじさんはイタリアに強制送還されたけど交流がありました。

以下デイリーニュースより抜粋

サンドラ・ランスキーは、「ボードウォークエンパイア」でのマイヤー・ランスキーを気に入ってはいません。

「彼は、もっと素晴らしい父親だった」とサンドラはデイリーニュースに語ったそう。
「彼は100%ではなく1,000%でした。私はどこにでも彼と一緒に行きました」

マイヤー・ランスキーは、よく娘をアイススケートや、厩舎に連れていって遊ばせたそうです。

サンドラは本を執筆した経緯についても話した。

「グッドフェローズ」などで知られる作家のニコラス・ビレッジに本を書くことを勧められ、執筆を決めた。

「私は私の父、真実についての物語を伝えたかった」のサンドラは話した。

話はボードウォークエンパイアの批判に戻ります。

「ひどい」とサンドラは、父親とチャーリーおじさん(ラッキー・ルチアーノ)の描写に不満を漏らした。
「彼らは、麻薬ビジネスをしたりしなかったのに」と怒った。
「チャーリーおじさんは、一度捕まって以来、麻薬とは縁を切ると決めていた」と話すした。

※あくまで個人の話

ボードウォークエンパイアが好きではないサンドラですが、ゴッドファーザーは大好きで、劇場で12回以上見ました。

しかし、リー・ストラスバーグがお父さんをもとにキャラクターを演じた続編「ゴッドファーザーpart2」については否定的。
サンドラが首を振り言った。
「ストラスバーグ、彼は年を取りすぎていた」
「私のお父さんはそんなに老人ではないし、病気でもなかった」

imdb

彼女のお気に入りのマイヤー・ランスキー作品は、1991年の映画「モブスターズ」
若いマイヤー・ランスキーを演じたパトリック・デンプシーが好きだそう。

imdb

最後にサンドラは、「父とは仲が良く、多くの時間を過ごしたけれど、常に無口な人でした」とマイヤー・ランスキーについて話した。

マイヤー・ランスキーとフランク・シナトラについてはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ