マイヤーランスキーの娘がフランクシナトラとのエピソードを語る

マイヤーランスキーの娘がフランクシナトラとのエピソードを語る

マイヤーランスキーとフランク・シナトラの関係

こんにちは!

今回はランスキーの娘が語った、伝説の歌手フランク・シナトラとマイヤー・ランスキーのエピソードを紹介。

この話は、前回の記事で紹介したサンドラの本より引用

サンドラが語ったマフィア達とのエピソードはこちら

ある夜、ニュージャージー州のリビエラサパークラブにマイヤー・ランスキーと家族は食事に出かけた。

その時サンドラは、10歳か11歳でした。

私たちのテーブルに、フランク・シナトラが挨拶に来て、冷たいシャンパンと子供達にはジンジャーエールをご馳走した。

wikipediaより

サンドラはフランク・シナトラほどの有名人、人気のスターを見たことがなく、興奮しました。

しかし、フランク・シナトラは、手をシャンパンの氷が入ったバケツにひっかけてしまう。

バケツは私のスカートに当たり、スカートが濡れました。

フランクは私を濡らして死ぬ程あせっていた。

シナトラはひざまずいて、ナプキンの束をつかんで、必死に私を拭きました。
しかし、サンドラが笑い始めるとシナトラも安心して笑った。

マイヤー・ランスキーも一緒に笑った。

父が笑うのはめったになかった。

フランクは、まるでローマ皇帝から許しを得て命を救われたかのように、私を大きな抱擁をくれました

ラッキー・ルチアーノやサム・ジアンカーナなど数々のマフィアと親交のあったフランク・シナトラ。

彼はマイヤー・ランスキーとも友人だったようです。

ランスキーの新婚旅行についてはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ