グッドフェローズの原作本を紹介!

グッドフェローズの原作本を紹介!

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!

今回は映画「グッドフェローズ」の原作を紹介していきたいと思います。

皆さんご存じの通りヘンリー・ヒルへの証言を元に書かれた本で、後にマーティン・スコセッシ監督により映画化されました。

原作には、映画と若干違う部分や省略されたエピソードがあるのでいくつか紹介していきます。

※様々なエピソードを紹介していますが、本からの丸写しではありません。

気になる方はぜひ書籍をご購入ください。

こちらの記事と合わせて読むとより楽します!

.グッドフェローズのトリビア50

.グッドフェローズのモデルとなったマフィア達

ヘンリー・ヒルに関するインタビューはこちら

映画では省かれたエピソード集

タクシー会社への放火
映画で、ヘンリーが次々と車に火をつけるシーンがありますが、原作ではより詳しくこのエピソードが語られています。

この事件のいきさつは以下の通り。

タッディの経営するタクシー会社と同じ縄張りに堅気の男がタクシー会社を開く。

タッディは再三に渡り、会社を辞めろといったが辞めず、このような結果を招いた。

初の逮捕

映画では煙草の密売で逮捕されていますが、実際には盗んだクレジットカードの使用で逮捕されました。

また、この時一緒にいたのはポーリー(実際はポール)の息子でトミーではない。

憧れのマフィア

ヘンリーはマイヤー・ランスキーバグジー・シーゲルルイス・バカルターに憧れていたと話している。

さらに殺人株式会社のハリー・ストラウスと面識があり、彼は「映画館で誰にも気付かれずに、狙った相手の耳にアイスピックをブチ込める」と豪語していたそう。

ストラウスについてはこちら!

兵役

ヘンリーは17歳の時に軍隊入りを志願。
落下傘部隊に入り三年間在籍していました。

たまにポーリーの店に顔を出すと英雄扱いだったそう。

バーでの喧嘩が原因で軍を辞めた後は、ポーリーの息子と共にレンガ組合の仕事につき、さらにその後は給仕として働いていました。

ダブルデート

映画ではトミーに頼まれたとされているダブルデートはポーリー・ジュニアとのエピソード。

ちなみに、カレンと初の二人のデートではナイトクラブの前に中華料理屋に立ち寄っている。

同居生活

ヘンリーとカレンの結婚後、カレンの両親は家を改築し二人が住めるようにしてくれた。

ヘンリーはお義母さんの料理が大好きだったし、お義母さんだけでなくお義父さんとも仲良くしていた。

ヘンリーはカレンの為に改宗もしている。
(後に険悪な仲となる)

トミーの家

原作でカレンはこう語っています。

「何もかも揃っている人なんていなかった。

たいがい何かが欠けていたのよ。 略 トミー・デシモーネはいつも新車を乗り回し、高級品を身に付けていたけど、スラム街の二間の安アパートに住んでいたわ」

ジミー・コンウェイ

原作では、映画よりも詳しくジミーの生い立ちを説明している。

彼は孤児で両親も、誕生日も知らず、里親の間をたらい回しにされた。

その間に暴力や性的虐待を受けた事が、後のジミーの人柄に影響しているのかもしれない。

ヘンリーの店

ヘンリーは知り合いの高級クラブ〝スイート〟を買取り経営者となった。

カレンは合法的なビジネスをおおいに喜んだが、たちまちスイートはマフィアの溜まり場となってしまった。

人身売買

カレンがメイドを雇いたいと言い始めた。
ヘンリーは家に他人を入れるのが嫌だった。
そこでヘンリーが知り合いに相談すると、格安で田舎の娘を売ってくれるという。

ヘンリーは、娘を迎えに行って驚いた。
娘は身長180cm体重は100キロ以上。
ポーリーよりも巨漢だった。

子供達とカレン、そしてヘンリーも娘が怖かったので、すぐさま田舎へ送り返したそう。

ジミーの息子

ジミーは息子をタフガイにしようと必死だった。

息子が17歳の時、トミーに頼み、殺しの仕事に連れていってもらった。

それ以来、息子がビビらずに殺しを終えた事が自慢の種となった。

ジミーの友達

ジミーにはレモという仲間がいた。
しかし、ある時レモがジミーの仕事を警察にたれ込んだ事を知る。

ジミーはそれからもレモに親しげに接していた。
少ししてからジミーはレモとトミーをドライブに誘い、人気の無い場所まで連れていって絞殺した。

レモの死体はボーリング場に埋められ、ジミーとトミーはボーリングをするたびに「やあレモ、元気かい?」と声をかけていたそう。

バッツ殺害

映画とは異なり、バッツはトミーをからかった後日にバラされる。

場所は映画と同じくバーのカウンターで、店内に居合わせたカップルに犯行を目撃されている。

明日は引き続き原作のエピソードを紹介していきます!

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ