三分で学ぶ! サント・トラフィカンテJr.

三分で学ぶ! サント・トラフィカンテJr.

三分で学ぶ!マフィア暗黒史
サント・トラフィカンテJr.

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!

今回は、〝フロリダの王〟ことサント・トラフィカンテ・Jr.を紹介していきます!

サントトラフィカンテ

キューバとトラフィカンテ

サント・トラフィカンテ・Jr.は、フロリダ州タンパでシチリア人の両親の元に生まれた。

サント・トラフィカンテ・Jr.は、フロリダのタンパを拠点に活動したマフィアのボスであり、父であるサント・トラフィカンテ・シニアの後を継いで、ボスとなる。

サントは〝二代目〟だったが、親の七光りやボンボンの息子ではなく、父親以上にファミリーを発展させていく。

主な縄張りは、フロリダとキューバで、さらにはニュージャージーやラスベガスなどにも影響力を持つように。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

やがて、サントは「フロリダの王」、「キューバの王」、「キューバの本当の独裁者」などと呼ばれ、恐れられる存在となります。

当時、キューバの大統領だった、フルヘンシオ・バティスタはサントに「私の友人はあなたのものであり、キューバはあなたのものであり、あなたが欲しいものは何でも、、 、ホテル、カジノ、レストラン、すべてあなたのものだ。
あなたと私はキューバの神、私はこの国を統治しない、二人でこの国を統治しよう」
と語ったそうです。

しかしながら、後にマイヤー・ランスキーにキューバでの主導権奪われ、トラフィカンテは少なからず不快感を抱いた。

しかし、トラフィカンテは戦争を始めて、せっかくの〝ハバナビジネス〟を台無しにするような愚か者ではなく、その後もランスキーや他のマフィアと、表向きは良い付き合いを続け、ハバナの発展に貢献した。

サントトラフィカンテ

関連記事:キューバとラッキールチアーノ

警察とトラフィカンテ

1950年代、トラフィカンテは父の代から行っていたギャンブルビジネスなどで、頻繁に逮捕される。

1954年には、贈収賄の罪で有罪判決を受けたが、上告し無罪を勝ち取った。

1955年には、タンパマフィアのボス、チャーリー・ウォールの殺害を命じた疑いをかけられたが、これも無罪に。

1957年、トラフィカンテはアパラチン会議に参加して、またも逮捕。

トラフィカンテは警察に〝ギャンブルビジネス〟を潰されたり、逮捕されたりと散々な目にあった。

しかし、その後キューバの大統領フルヘンシオ・バティスタがカストロに破れると、事態はさらに悪化してゆく。

カストロとトラフィカンテ

フィデル・カストロの新政府は、トラフィカンテのキューバでの資産を押収し、さらに彼を投獄。

その後、カストロは「望ましくない外国人」としてトラフィカンテを国外追放に。

復讐を誓ったトラフィカンテは、CIAの要請に応じて「カストロ暗殺作戦」に協力する事に。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

他にもカルロス・マルセロ、サム・ジアンカーナ、ジョニー・ロッゼリなどのボスがCIAへの協力に同意したと言われています。

しかしカストロの暗殺は、12回に渡り決行されたが、どれも失敗に終る。

これについては、マフィアは本当はカストロを暗殺する気はなかったが、CIAから便宜を図ってもらうために、〝暗殺しようとするフリをしていた〟という説も。

いずれにしろ、カストロの暗殺を諦めたトラフィカンテは、キューバ革命を逆手に取り、キューバからの移民相手の商売で、大儲けした。

また、CIAと繋がりがあったトラフィカンテ、ジアンカーナ、マルセロ達は、「ケネディ暗殺」にも関わったとも。

真相は謎のままだが、マフィアとCIAが協力してケネディを暗殺したのいう説は、今も根強く囁かれている。

ドニー・ブラスコとトラフィカンテ

1986年には、FBIの先入捜査官ジョー・ピストーネ(ドニー・ブラスコ)がトラフィカンテについて証言し、トラフィカンテは法廷に召喚され、ボナンノファミリーが運営していた〝キングスコートナイトクラブ〟への関与について問いただされた。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

マイアミでは、他のファミリーと共同でビジネスを行っており、その様子は映画「フェイク」で描かれています。

その二年後、1987年にトラフィカンテは体調を崩し、心臓手術を受けるも亡くなった。

彼が死んだとき、250億ドルの遺産が残されたと言われている。

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ