実話ベースのマフィア映画フェイクを紹介

実話ベースのマフィア映画フェイクを紹介

映画 「フェイク」を紹介!

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!今回は 映画「フェイク」を史実を交えて紹介していきます!

では、さっそく!

基本情報

監督 マイク・ニューエル

主演 アル・パチーノ
ジョニー・デップ

あらすじ

ノンフィクション小説を原作に、ボナンノファミリーに潜入した捜査官 ドニー・ブラスコことジョー・ピストーネの活躍を描く。

やがてドニーと、冴えないマフィア レフティの間には友情が芽生え始める。。

~紹介~

本作のアル・パチーノは、「ゴッドファーザー」や「スカーフェイス」とは真逆の冴えないマフィアを演じています。

真ん中がアルパチーノ
https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

あまり知られていませんが、当初はパチーノがドニーを演じる予定でした。

そうなっていたら、全然違う作品になっていたでしょうね!

FBIが撮影したレフティ(真ん中)

また、ノンフィクション小説が原作の「フェイク」ですが、原作との相違点が多々あります。

一番の違いは、レフティとの間に友情が生まれないという事です。

原作では、ソニー・ブラックとの間に友情が芽生えます。

映画のソニーブラック
https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

ソニー・ブラックは、男気溢れるリーダーで、多くのマフィアからも尊敬を集めました。

実際のソニーブラック

ピストーネは、ソニー・ブラックについて「ソニーはいい加減な人間ではなかった。 地位を利用して理不尽な行動をとったりする事もなかった」
と語っております。

~以下ネタバレあり~

史実では、レフティは逮捕され処刑を免れました。

実際のレフティ

実際に処刑されたのは、ソニー・ブラックでした。

筋を通す男だったソニーは、殺されるとわかった上で〝呼び出し〟に応じました。

呼び出された場所に向かう際、仲間に忠告されたソニーは、「生きている事よりもマフィアでいる事が大切なんだ」と語りました。

また、撃たれる直前には、「早くやれよ」と言ったと言われております。

ソニーのマフィアの見本の様な、生きざまは現在も語り草となっています。

ちなみに、映画のラストでレフティが装飾品をタンスにしまいますが、あれもソニー・ブラックのエピソードです。

他のマフィア作品との共通点

本作で描かれる〝ソニーレッド殺害〟には、モントリオールのマフィアのボス ヴィト・リズートが加担していました。

その話は「バッドブラッド 憎しみのマフィア」の一話に繋がっています。

※バッドブラッドは、リズートファミリーの抗争を描いたドラマ

また、「フェイク」に登場するサント・トラフィカンテJr.は、マイヤー・ランスキーのライバルでありました。

トラフィカンテの活躍は、書籍「マフィア帝国 ハバナの夜」で描かれています。

実際のトラフィカンテ

ランスキーとトラフィカンテはライバルですが、殺し合うような仲ではありません。

ソニー・ブラックをトラフィカンテに紹介したのはマイヤー・ランスキーです。

さらにピストーネは、潜入中に浴びるように酒を飲むフランク・シーランを目撃したと語っています。

実際のジョー・ピストーネ

フランク・シーランは「アイリッシュマン」でロバート・デ・ニーロが演じた人物。

ちなみにシーランは、ランスキーと会ったことがあると語っています。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

映画自体も、泣ける名作なので是非ご覧ください!

映画「フェイク」のトリビアはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ