フェイクのトリビアを紹介!

フェイクのトリビアを紹介!

映画 フェイクのトリビアを紹介!

こんにちは!

今日は、フェイクのトリビアを紹介していきます!

フェイクとその史実についてはこちら

トリビア1
アル・パチーノはドニー・ブラスコを演じる予定だった。

トリビア2
パチーノがレフティ役に決まった際に、ジョニー・デップをドニー役に指名した。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

トリビア3
ドニー役の候補には、ニコラス・ケイジがいた。

トリビア4
ジョニー・デップは、役作りの為にFBIから射撃訓練を受けた。

トリビア5
ジョー・ピストーネは潜入後、六年間身を隠していた。

トリビア6
パチーノとデップが最初に、撮影したとは、車のシーンだった。
本番中にデップが大きなオナラを何度もするのでパチーノは怒った。
しかし、パチーノはデップの尻の下のブブークッションに気付き笑った。
デップのいたずらにより、二人は仲良くなった。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

トリビア7
映画の撮影中、マイケル・マドセンが結婚した。

トリビア8
ジョニー・デップは、ドニーを演じるにあたり、何ヵ月も実際のドニーと過ごした。

トリビア9
ニッキー役は、ジョー・ペシの予定だった。

トリビア10
ドニーがFBIの射撃場で練習しているシーンは、映画の予告に使用するために撮られて、後から本編に挿入された。

トリビア11
アル・パチーノは、撮影時には禁煙していた。
そのためパチーノは、ハーブのタバコを吸っていた。
ひどいにおいがしたと言われている。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

トリビア12
レフティのしているサングラスは、アル・パチーノが自分で選んだもの

トリビア13
トラフィカンテを接待するシーンに、実際のドニー(ピストーネ)が出演している。

トリビア14
ソニー・ブラックの役には、レイ・リオッタが予定されていた。

ありがとうございました!

あわせて読みたい

カテゴリ