自称マフィアのボスが家宅捜索される

自称マフィアのボスが家宅捜索される

自称マフィアのボスが家宅捜索される

FBIは、自称ジェノベーゼファミリーのボスの男 スティーブン・ブランコの自宅を家宅捜索しました。

自称マフィア家宅捜索までの一連の流れ

ブランコはしばしば近隣の人々「俺はコーザノスノラ。。マフィアのジェノベーゼファミリーのボスさ。殺されたフランク・カリとは同期だよ」と自慢していた。

これを聞いた近隣の人々はFBIに通報。

ブルックリン連邦裁判所が出した捜索令状によると、違法な銃の所持、ギャンブル、ストーカーの容疑で、捜査が行われた。

FBI特別捜査官のジョセフ・コステロは、捜査を説明文書に「ブランコはしばしば銃器と大量の現金を運んでいた」と報告している。

こんな怪しい男放ってはおけないが、どうも胡散臭いので、FBIはブランコに電話をかけてみた。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

電話してみるというもの、なんとも凄い話です。。

FBIに対してブランコは「ピストルは許可を持っているし、犯罪歴はないよ。何がなんだかわからない」と話した。

その後、一応家宅捜索した所、自身の彼女にドラッグを投与していた事。 二挺の拳銃を車と屋根裏に隠していた事が判明。

今のところFBIは「ブランコはマフィアでもギャングでもないだろう。。」と話している。

関連記事:マフィアのクリスマスパーティー

関連記事:ギャングの面白写真

関連記事:ゴッドファーザーの俳優が秘密を暴露

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ