ゴッドファーザーの俳優が自伝を出版

ゴッドファーザーの俳優が自伝を出版

ゴッドファーザーの俳優が自伝を出版

カルロを演じた ジャンニ・ルッソが自伝の中で、様々な事を語ったとニューヨークポストは報じています。

※めちゃくちゃ長いので、興味深い所だけ抜粋してお届け

ニューヨークポストより

ベルビューのポリオ病棟から生まれたばかりのルッソは、怠惰な両親を捨てて、リトルイタリーのパン屋の裏にある小麦粉の袋で寝起きし、通りでパンを売っていました。

それは1956年で、彼の常連客の1人はマフィアのボス、フランク・コステロでした。

ヴィトコルレオーネのモデル フランク・コステロ

コステロは、ルッソの大叔父がマフィアのアンジェロ・ルッソであることを知ったとき、感銘を受けました。

ある時フランク・シナトラと喧嘩になったことがある。シナトラはルッソを平手打ちしようとしました。
ルッソはシナトラの細い手首をつかんで、「お前のの腕をはぎ取って、あなたの尻に突っ込むぞ」と言った。

それから、コロンビアのキング ピンパブロエスコバルの仲間を殺害した事があると明かした。

エスコバルは報復を計画した。
そのため、ジョン・ゴッティにコロンビアで会う準備をしてもらいました。と語った。

エスコバルはルッソを椅子に縛り付け、殴った。それからエスコバルは「ゴッドファーザーのメイキング本を持ってきた。
彼は言った、「あなたがカルロ・リッツィを演じたとなぜ私に言わなかったのですか?」
エスコバルは、マイケル・コルレオーネになりきって、シーンの一つをルッソと再現した。

ルッソ
「私の人生は素晴らしい映画になるだろうが、それは誰もが画面で見ているものよりもワイルドだ」

マリリン・モンローは最高の恋人でしたとルッソは思い起こす。

彼女は、16歳でした。ルッソは33歳でした。

ニューヨークポストよりルッソとモンロー

ルッソは彼女が死んだ本当の理由を知っていると主張している。

ルッソによれば、フランク・コステロやサム・ジアンカーナは、ジョン・F・ケネディ大統領と彼の兄弟である当時の米国司法長官であるロバートに罠を仕掛けることを目的としてカルネバロッジに集まった。

彼等は、モンローをケネディに紹介する計画を立てた。

そして、モンローとの情事を写真に収め、脅迫したが失敗した。

モンローを殺したのはマフィアではなく、モンローとのJFKの関与が公開されるのを恐れたロバート・ケネディだった。とルッソは言う。

ルッソの自伝 ハリウッドゴッドファーザー

あくまでもルッソの話なので、信じるか信じないかはあなた次第。。(笑)

あわせて読みたい

カテゴリ