マフィアの偽造ビジネス

マフィアの偽造ビジネス

偽造ビジネスの実体と危険性

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

本日は世界の偽造品についてです。 ブランドものや食品の他にも様々な偽物があるんですよ

現在、世界中の犯罪組織は合法的な製品の偽造および密売で大金を稼いでいます。

2016年の偽造品から犯罪組織が得た収入は4,610億ドル、世界貿易の2.5%のシェアに達したと推定されており、特にヨーロッパは、品質テストなしで作られた安価で劣った製品の販売の温床です。

車の部品、ブランド物の服、アクセサリー、香水、化粧品、タバコ、オリーブオイル、ワイン、食品、電化製品、子供のおもちゃ、サングラス、高級車などあらゆる物の偽造品が出回っています。

中でも最も問題視されているのは、偽の医薬品と、低用量または無効な成分を含む市販薬。

これらの薬は、糖尿病や高血圧などの病気に必要な治療を受けたくても受けられない低所得の人々が使用しています。

この写真はイタリアの警察が、偽造シャンパン工場を摘発した際のもの。

安いイタリアのスパークリングワインを、有名フランスシャンパンのラベルのついたボトルに移し変えて販売していました。
この偽造シャンパンは、180万ドルの利益を産んだと考えられています。

一方スペインの警察は「ピナー作戦」と呼ばれる大規模な摘発を行い、偽造に関わった67人を逮捕、25万店以上の偽造された商品を押収しました。

さらに、スペインの偽造工場では、質の高い偽造品(服や靴、ベルト、財布など)が大量に製造されていた事もつきとめた。

偽造品の偽造品

フランス、イギリス、アメリカの三ヶ国の警察は協力して「アーユルヴェーダ作戦」と呼ばれる摘発作戦を決行した。

この作戦でもスペインの偽造犯罪組織を摘発する予定だったが、捜査を進める内に中国系の犯罪者が〝スペイン製の偽造品〟と称してさらに粗悪な〝中国製の偽造品〟を販売していた事が明らかとなった。

中国で偽造された薬はとても危険で、それらはダークウェブで出回っています。

その後2017年には中国で製造された〝偽造ドーピング薬〟が、2018年には〝偽造フェラーリ〟〝偽造ランボルギーニ〟が発見され、いずれも工場が摘発されました。

偽造フェラーリ

しかし、偽造品は後を絶ちません。

2019年には〝偽造テレビチャンネル〟が摘発されました。

中国製の〝有料チャンネルを受信する機械〟を販売し、毎月サービス料を受け取っていたというものです。

被害者は正規のチャンネルに加入していると思い込み、料金を支払っていました。

テレビに取り付けられていた機械
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ちなみに、日本でも偽造品は大量に出回っているのでお気をつけてください!

現在、社会問題となっているイタリアマフィアの不法投棄についてはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ