三分で学ぶマフィア暗黒史              禁酒法時代

三分で学ぶマフィア暗黒史 禁酒法時代

三分で学ぶ!マフィア暗黒史
禁酒法時代
~マフィアと密造酒編~

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!マフィア映画でよく描かれる「禁酒法時代」をいいとこ取りで解説していくコーナーの第一段です!

今回は、密造酒をメインに解説していきます。

スピークイージーとは?

スピークイージーとは隠れ酒場のこと。

禁酒法時代、アルコール類を隠れて飲める場所として人気となりました。

スピークイージーは酒が飲めるだけではありません。

スピークイージーは特別な場所で、入るには合言葉や会員カードが必要でした。

そして入店できた〝選ばれた人〟だけが著名人と話したり、音楽やバーレスクを楽しんだり出来る、いわば憧れの場所だったのです。

スピークイージーは大人気となり、最盛期にはニューヨークだけで32000店が営業していました。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

もちろん、店によってクオリティはピンキリでしたが。。w

酒もピンキリ

スピークイージーで出される酒も店によりピンキリでした。

ルチアーノやランスキーが扱った高級なモノもありましたが、工業用アルコールで作った酒やバスタブで作った酒もありました。

工業用アルコールやバスタブで作られた酒の酷い味を誤魔化すために、ジンジャーエールやミント、コカ・コーラ、レモンなどとブレンドする店もありました。

これが〝カクテル〟の始まりと言われています。

もちろん工業用のアルコールから作られた酒は、味を誤魔化しても有害だったので多くの死者が出ました。

また、警察がアルコールに毒を入れるケースもあり問題となりました。

高級な酒

多くの上質なウォッカやウィスキーは、カナダを経由して、密輸されていました。

この密輸ルートを管理したのはマイヤー・ランスキーだったと言われています。

密輸船は、アメリカの海域ギリギリに停泊し、小型のボートに荷物を移し変えてから陸揚げされました。

さらに賄賂も横行したので、逮捕される事はほとんどありませんでした。

万が一摘発されそうになった時は、海に捨てて、後から回収するだけでした。

そんな風にランスキーが密輸をしたのは、粗悪な酒や水でかさましした酒を売るよりも、高級な酒を上流階級に売る方針をとっていたからです。

対して、アル・カポネが大量に卸した酒は、自分の蒸留所で作ったものでした。

カポネの酒の多くは、あまり上等ではなかったと言われております。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

ちなみに当時、カポネはシカゴに1万店舗以上のスピーシージーを所有していました。

酒は粗悪ですが、アル・カポネはジャズが好きがこうじてラルフ・カポネに、最高級の〝コットンクラブ〟をシセロで運営させました。

アル・カポネは黒人のジャズマン以外は雇うなと命令をしていたそうです。

明日は禁酒法時代の法律や映画、マフィアのあれこれを紹介していきます!

明日はグッドフェローズグッズの発売を記念して特別インタビューも掲載!

さらに23日はプレゼント企画も行います。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

禁酒法についてはこちらもぜひご覧ください!

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ