三分で学ぶマフィア暗黒史              ~ アーノルド・     ロススタイン編~

三分で学ぶマフィア暗黒史 ~ アーノルド・ ロススタイン編~

三分で学ぶマフィア暗黒史 ~ アーノルド・ロススタイン編~

アーノルド・ロススタインは、マイヤー・ランスキーの師匠的存在。

他にも大物となる様々なマフィアの駆け出し時代をサポート、資金援助した。

この事からフィクサーのあだ名でも呼ばれた。

アーノルド・ロススタイン

投資会社など様々な事業を手掛けたが、専門分野はギャンブル。

自身でカジノを経営し、一流のギャンブラーでもあった。

また競馬やスポーツで八百長を仕掛けるのも得意技だった。

ゴッドファーザーpart2でハイマン・ロスが「野球は好きだ。1919年のアーノルド・ロス以来」と言う。
これは ロススタインがワールドシリーズで選手を買収した 「ブラックソックス事件」の事を指している。

ハイマン・ロスのモデルがランスキーな事を思うと色々と想像が膨らみますね!

買収事件を報じた新聞記事

元々中流階級出身のロススタインは、 「我々は犯罪を手段としてはいるが、一流のビジネスマンである」とし、配下にスーツを着用し粋なファッションをすべきであると勧めた。

彼の紳士的かつ、ビジネスライクなスタイルはランスキー等後のアウトローに大きな影響を与えた。

若いランスキーの才能を見いだしたロススタインは、〈政治家を抱き込む事〉〈儲けは分散して投資する事〉などを教えた。

ランスキーはロススタインについて、「どんなに大金を賭けても冷静でいる精神力と、高い数学の才能を持っていた」と語った。

ロススタインは「華麗なるギャツビー」のモデルでもある。

引用https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

ロススタインといえば「ボードウォークエンパイア」にも登場していて、再現度も高め。

雰囲気も似てますね!

実際のロススタイン
引用https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

最期は、賭けを巡るトラブルで射殺されてしまう。

しかしロススタインの死後も、彼が若手マフィアに授けた知恵やビジネススタイルは生き続けた。

ちなみに酒は飲まずミルクを好んだ。

あわせて読みたい

カテゴリ