102歳のマフィアが人生を語った

102歳のマフィアが人生を語った

2019年 102歳のマフィアがインタビューに答えました。

インタビューに答えたのは、ソニー・フランゼーゼ。

彼は自慢げに、犯罪人生について語った。

※彼は翌年、2020年に103歳で亡くなりました。

ソニーは、コロンボファミリーのアンダーボスを勤めた人物で、著名人との交流や数々の強盗事件で知られた存在です。

真ん中 ソニー・フランゼーゼ

日本では、息子のマイケル・フランゼーゼの方が有名かもしれません。

ソニーとマイケル親子

多くの殺人事件や強盗事件に関わり、人生のほとんどを刑務所で過ごしたが、一切の悔いはない人生だった。 と語った。

若い頃のソニー・フランゼーゼ

また、「善良な人間を苦しめるような事は一切しなかった」とも語っていた。

ソニー・フランゼーゼは男の中の男として知られ、亡くなった後もマフィア達に尊敬されている。

あわせて読みたい

カテゴリ