ランスキー氏のインタビューを掲載

ランスキー氏のインタビューを掲載

こんにちわ!

今回は、マイヤー・ランスキーと同名のお孫さんのインタビューを掲載していきます!

テレビ番組で話したインタビューを翻訳しております。

誘拐未遂

ワシントン州に住んでいた8歳の時、通学中に怪しいバンが近づいてきた事があった。

本能的に何かがおかしいと感じました。

バンの引き戸が空いたとき、私は見知らぬ男性を見つめました。


本能的に、私は走りました。 

私は学校まで休まず走り、先生にバンの事を話した。
先生はすぐに警察を呼び、誘拐の試みを報告した。  

私の両親、祖父(マイヤー・ランスキー)、警察は事件を非常に重く受け止めていた。

祖父はもともと、私に自分と同じ名前をつける事について心配していた。

祖父は正しかった。

この事件から1か月間、両親と私は身を隠していました。

警察と祖父が誘拐犯に対処したと知らせを受けた後に、私達は元の暮らしに戻った。
  逮捕された者はいませんでした。


新しい名前

7年後、私の両親は離婚した。

その直後、私は母親と一緒に南カリフォルニアの新しい家に到着し、新しい名前を取得することになりました。

私は、ブライアン・メイソンという名前で暮らす事になった。
これにより、少し私は安全になりました。

いつも、そばにはマフィアの祖父がいましたが、マフィアの事については何も知りませんでした。

彼は私を愛し、本を読み聞かせ、そして良い教育を受けるように後押ししてくれました。 
 

「ゴッドファーザーパートII」

マイヤー・ランスキーは、世界的なギャンブル組織の開発にも貢献し、かつて史上最も経済的に成功したギャングの1人と見なされていました。

ランスキーは、「ゴッドファーザーパートII」を含む数多くのヒット映画の中でも言及されています。

ハイマン・ロスのモデルがマイヤー・ランスキーである「ゴッドファーザーパートII」について

祖父が映画で描かれているように、開いたシャツを着て自宅でミーティングを楽しんだり主催したりすることは決してないだろう。

祖父は、とてもお洒落で、見た目と服装の重要性を教えてくれました。

祖父が映画を見てリーストラスバーグに電話したことがありました。

祖父はストラスバーグに、「映画は好きだったが、私への批判が強まった」と語った。

モー・ダリッツ

青年になった私は、豪華なカジノホテルで働いていました。

ある時、職場に全く働いておらず、ただ客を監視している男を見つけた。

彼は、モー・ダリッツだった。

モー・ダリッツ

モーは、パープルギャングやアウトフィット(シカゴマフィア)、スターダストホテル(映画カジノのモデル)、チームスターズとのつながりで悪名高かった。

私は、彼に話しかけました。
「ミスター・ダリッツ、あなたは私の祖父を知っています。」 

ダリッツ:「あなたの祖父は誰?」 

マイヤーII:「マイヤー  ランスキー」 

ダリッツ:「お父さんはどこの学校に行ったの?」 

マイヤーII:「ウェストポイント」

私はその後、26才の時に名前を元の「マイヤー・ランスキー」に戻しました。

祖父の事を誇りに思っています。

あわせて読みたい

カテゴリ