映画 「カジノ」製作秘話

映画 「カジノ」製作秘話

映画 「カジノ」製作秘話

こんにちは!
今回は、ニコラス・ピレッジがインタビューに応えた内容をお届けしていきます。

前回のカジノの裏側についても合わせてご覧下さい

カジノの裏側part1

カジノの裏側part2

カジノの裏側part3

ニコラス・ピレッジって誰?

ピレッジは、作家兼脚本家。
「ワイズガイ」「カジノ」など著者で、この二作は、スコセッシ監督の映画「グッドフェローズ」と「カジノ」の原作となっております。

ピレッジは、ヘンリー・ヒルやフランク・ローゼンタールへのインタビューを元にして、作品を書き上げました。

以下ピレッジのインタビューより

ニコラス・ピレッジ

映画「グッドフェローズ」が成功すると、スコセッシ監督は、新しい題材を求めて、ピレッジに電話をしてきました。

スコセッシは言った「次は何を書くんだ?」

ちょうどその頃、ピレッジはラスベガスの〝スターダストホテルカジノ〟でのカジノ収益の違法なスキミングに関するニュース記事を見て、シカゴのフランク“レフティ”ローゼンタールと連絡を取り、話を聞きたいと頼んでいた。

しかし、ローゼンタールは、いくらお金を貰っても、話す気はないと断った。

ピレッジはその後、証人保護プログラムを受けているフランク・カルロッタを見つけた。
※カルロッタは、スピロトロの右腕だった人物。

〝ローゼンタールが話してくれない事〟〝スピロトロが殺害されており危険は無い事〟を踏まえてピレッジはカルロッタを中心に作品を書こうと思った。

ピレッジはカルロッタに話を聞き、「素晴らしかった」と語った。

カルロッタは、洗いざらいの事を話してくれました。

スコセッシが映画化を決めた後、映画の製作が発表され、ロバート・デ・ニーロはフランク・ローゼンタールを演じると明かされました。

imdbより

それから何日かして、ピレッジにローゼンタールから電話が来ました。

そしてローゼンタールは、「デニーロが私を演じるって? デニーロと会わせてくれませんか?」と言った。

その後まもなく、デニーロはローゼンタールが住んでいたマイアミの家を尋ねました。

「デニーロはすぐに向かった」とピレッジは語る。

ローゼンタールの家には、ローゼンタールの娘や親戚などデニーロに会いたい人々でいっぱいでした。

デニーロが来ると、ローゼンタールは「みんな!デニーロが来たぞ!」と言った。

この後から、ローゼンタールは、ピレッジに話をするようになりました。

ローゼンタールと多くの時間を過ごしたピレッジは、こう振り返りました。

「彼は魅力な男だったけど、孤独だった。
彼はギャンブルをするだけ。誰にも心を開かないし、誰も近寄らせなかった。」

あわせて読みたい

カテゴリ