映画 カジノの裏側を解説   part2

映画 カジノの裏側を解説 part2

引き続き、映画 「カジノ」の裏側のその後を解説していきます。

part1と合わせてご覧ください!

ローゼンタール爆殺未遂事件については、映画「カジノ」やその現在で詳しく描写されていますが、事件は未解決のままです。

犯人候補の筆頭は、アンソニー・スピロトロ。 映画では、ジョー・ペシが演じた人物です。

アンソニー・スピロトロ

スピロトロとローゼンタールの因縁は、皆さんがご存知の通りなのですが、スピロトロが爆殺未遂事件に関わった証拠は一切ありません。

爆殺未遂事件の後、ジェリー・マギー(シャロンストーンが演じた、ローゼンタールの妻)は、薬物の過剰摂取で亡くなっています。

彼女の死亡についても〝マフィア犯行説〟と〝バイカー犯行説〟〝事故説〟があります。

ジェリーは、死ぬ間際、バイカーギャング達と付き合いがありました。

ローゼンタールの爆殺未遂は、バイカーが仕組んだという説もありますが、証拠はあがっていません。

そして2020年。新たな展開がありました。

「History Channel」という本が出版され、著者は爆殺未遂事件の犯人はフランク・バリストリエリだと語りました。

ミルウォーキーのマフィアのボス バリストリエリは、ローゼンタールの取り分などに不満を持っていたそうです。

フランク・バリストリエリ

さらに、バリストリエリの〝得意技〟は車を爆破する事でした。

一方、スピロトロの右腕だったフランク・カロッタ(フランク・ヴィンセントか演じた)は、近年になって「カンザスシティーのマフィアがローゼンタールを情報提供者であると疑って殺そうとした」 と語った。

この話を裏付けるように、ラスベガスジャーナルの記者のジェーン・アンモリソンは、「法執行機関の情報筋を通じて、一部のマフィアの疑念が正しかった事を確認した。

アンモリソンは言いました。

「ローゼンタールは情報提供者でした。
さらに妻のジェリー・ローゼンタールもFBIとやりとりしていた」

「カジノ」の原作者ニコラス・ピレッジは近年、この説について口を開きました。
ちなみに、ピレッジはローゼンタールへのインタビューを元に原作を書き上げています。

「情報提供者としてのフランク・ローゼンタールの人生はもっと昔からです。
恐らく、フランク・ローゼンタールは、彼が有能なオッズメーカーとして知られたシカゴの時代から情報提供者でした。マフィアの誰かが、それを知り、沈黙させようとしました」

加えてピレッジは、「中西部のどこかからのマフィア、クリーブランド、シカゴ、ミルウォーキー、カンザスシティがおそらく自動車爆弾でローゼンタールを殺そうとした」と語った。

まだ裏付ける証拠があります。

ローゼンタールは、他の仲間達と違い、刑事責任を負うことはありませんでした。

これは、ローゼンタールが情報提供者だという証拠となるかもしれません。

事件の後、ローゼンタールは、ラスベガスを離れカリフォルニアへ、次にフロリダに移り、亡くなるまで自分のウェブサイトでスポーツ賭博のアドバイスを行っていました。

ローゼンタールは、情報提供者なのか。。

次回も映画 「カジノ」のその後を徹底解説していきます!

あわせて読みたい

カテゴリ