コロナVSマフィア

コロナVSマフィア

ニューヨークポストは、コロナがマフィアを倒すと報じた。

ボビー・ケネディやジュリアーニなどが、一世紀以上取り組んでも打倒出来なかったマフィアを、コロナウイルスが麻痺させているという。

特に、コロナウイルスによるスポーツの中止は、違法賭博を大きな収入源とするニューヨークマフィア達に大きな打撃を与えた。

マフィアは、競馬、野球、サッカー、アメフト、バスケットなどなど、あらゆるもので賭博を行っている。

マイヤー・ランスキーが仕切った時代から現在まで、違法賭博ビジネスがストップしたことはなく、マフィアは天文学的損失を被っている。

また、世間が自粛生活を送っているので、レストランからのみかじめ料の取り立てが困難になった他、ゴミ収集ビジネスの仕事も減少している。

さらには、建設業と運輸業も仕事が減少し、マフィア達は追い詰められている

一方、追い詰められたマフィアの多くが、麻薬ビジネスに乗り出すのではと懸念されている。

イタリアマフィアとコロナについてはこちら

あわせて読みたい

カテゴリ