ミッキーコーエンの愛車

ミッキーコーエンの愛車

ミッキー・コーエンの愛車

ミッキー・コーエンは、1940年代後半~50年代にロサンゼルスを支配したマフィアのボスでしたが、度々、銃撃を受けていました。

ミッキー・コーエン

ミッキーは語りました。
「自分のことは気にしないが、たとえば、母が訪ねてきたら、どうだ。
私は彼女を乗せて運転しなければならない。
それが気がかりだ。
狂った奴らは何をしてくるかわからん。そして妻。。私には家族を守る義務がある」

言葉にはしなかったが、コーエンは愛人たちの心配もしていた。

そこで、コーエンは襲撃にも耐えうる特注の車を購入します。

しかし、ビバリーヒルズ警察とカリフォルニアハイウェイパトロールは、コーエンの車が公道を走ることを禁止しました。

特注で作られたその車は、防弾仕様の1950キャデラックフリートウッドスペシャルセダン。
法律上、これは装甲車両であるとみなされました。

コーエンは、キーフォーバー上院議員の公聴会へ出頭するよう求められたとき、装甲車両で現れ、大騒ぎを引き起こしました。

コーエンは乗り心地を聞かれて、嬉そうに「素晴らしい」と語った。

1¾インチのガラス窓

それぞれ400ドルの防弾タイヤ

各100ポンドの重さの8インチ厚のドアメッキ

フロントシートとリアシートの両方に組み込まれた特別な装甲板

当時800ドルの空調システム

を自慢した。

これらの装備には、シークレットサービスのエージェントも感銘を受けました。

大統領の車でさえ、これほどの装備ではなかったのです。

しかし!

コーエンは、その車を走らせる許可を得ていなかった。

問題視されたコーエンは、渋々お気に入りの車を売却した。

この売却で、コーエンは5000ドルを損しました。

この車は現在、ニュージーランドのサウスワードカーミュージアムに展示されています。

ちなみに、ミッキー・コーエンといえば映画「LAギャングストーリー」が有名ですね!

見てない方は、ぜひご覧ください!

あわせて読みたい

カテゴリ