マフィアに狙われた芸能人たち

マフィアに狙われた芸能人たち

マフィアと芸能人のトラブルを紹介していきます。

皆さん、ご存知の大物ばかりなのでぜひ!

スティーブン・セガール

2001年、FBIはガンビーノファミリーへの盗聴中に、マフィア達がスティーブン・セガールを脅したと話しているのを聞いた。

wikipediaより

FBIがセガールに話を聞いたところ、前年度、セガールは映画の製作を中止するという事態に陥っていた。

その製作を中止した理由は、マフィアとのトラブルでした。

マフィアはプロデューサーを通して、セガールにオファーを出し、映画を制作させていた。

しかし、セガールが事に気付き出演を拒むと、4作分の損害を補填しろと訴訟を起こした。

さらにマフィア達は、セガールをニューヨークにあるステーキハウスの〝奥の部屋〟へ呼び出した。

セガールが行くと、薄暗い部屋に数人のマフィアが待っていて、「プロデューサーのために、映画に出演しろ。 そして一作あたり15万ドルを支払え」と命じた。

それを知ったFBIは、法廷で証言するように、セガールに半ば強引にせまり承諾させた。

プロデューサーは逮捕されたが、その後もマフィア達からセガールへの金銭の要求は続いている。

ジャッキー・チェン

90年代初頭、香港の映画業界は、中国マフィアに支配されていました。

映画業界で、中国マフィアは大金を稼ぎました。

それに対してジャッキー・チェンは何人かの仲間と一緒に中国マフィアに抗議しました。

imdb

その影響でジャッキーは干され、仕事はうまくいかなくなった。

さらに度重なる中国マフィアからの脅迫により、ジャッキーは中国を去りました。

中国に戻った後も、ジャッキーは中国マフィアに数回襲撃され、それ以来銃を持ち歩くようになったと言われています。

ビートルズ

60年代、ギャングのクレイ兄弟は音楽業界の支配を目論みました。

クレイ兄弟

その一歩目として、兄弟はビートルズを所持する事にした。

まずロナルド・クレイは、マネージャーのブライアン・エプスタインに会いました。

※クレイ兄弟は、「レジェンド 狂気の美学」で紹介したあの二人です。

しかし、エプスタインは「ビートルズのようなバンドを運営するには専門知識が必要です」と言い放った。

これを聞いたロナルドは動揺して、近くにいた男をつかまえ、彼の頬に釘を打ちつけました。

もう一度書きますが、〝近くにいたやつの頬にいきなり釘を打ち付けました〟

その後、クレイ兄弟はビートルズを管理することはかなり難しいと理解します。

それでクレイ兄弟は、エプスタインに莫大な金額を強要しました。

理不尽ここに極まれり!

ありがとうございました!

あわせて読みたい

カテゴリ