狂ったマフィアと娘

狂ったマフィアと娘

ヴィンセント・ジガンテの娘

ニューヨークポストが、ヴィンセント・ジガンテの娘のコメントを掲載した。

ジガンテは、ジェノベーゼファミリーのボスを勤めたマフィアで、狂った振りをする事により、起訴を免れた事で知られています。

ヴィンセント・ジガンテ

数々の奇行についてはこちらに

以下、ニューヨークポストのインタビューより

それはマフィアの歴史の中で最も狡猾でコミカルな茶番でした。

マフィアのボス ヴィンセント・ジガンテは、パウダーブルーのパジャマを着て通りをさまよい、独り言をつぶやきました。

娘のリタ・ジガンテは、父の演技を手伝ったと話しました。

リタジガンテ

1983年9月、「ダンジョン」と呼んでしまうほど暗いアパートの居間のソファから父は、私を呼びました。

父は「私と一緒に歩きなさい」とささやいた。

父が散歩に私を連れていくのは、何らかのビジネスをするためだと解っていました。
父は、外では常に〝狂って〟いなければならなかった。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

この用心深さからジガンテは、最も賢いマフィアとも呼ばれています

出かける前に、父はカジュアルなスラックスとシャツに着替え、ベガスのゴールデンナゲットカジノで手に入れた黒いベロアバスローブを含むパジャマを着た。それから、父は髪をなでつけ、バスローブのフードを被った

父さんの頭は非常に低く下がり、顔の半分がフードで覆われていました

父は体をかがめて、腕を重くして脇に引きずり込み、それから父は千鳥足で歩いた。私の目の前で、強力な父は、老人に変身しました。

父は私に「私を連れて、ゆっくり歩いてくれ」とささやいた。

私たちが歩いているとき、父は一人で歩けない素振りを見せ、よろめいた。
それは私に体を支えろという合図です。

また、父は急に立ち止まって指をさして、意味不明なことを言ったり、つぶやいたりしました。
FBIが撮影、監視していると確信していたからです。

父は、パーキングメーターに「私たちは散歩に行くつもりです。パーキングメーター。来たい?」と話しかけることも。

私は、笑いを堪えるのに必死でした。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

「パーキングメーター。来たい?」の破壊力がスゴいですw

三分で学ぶ ヴィンセント・ジガンテはこちらから

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ