ちょっと怖い マフィアの未解決事件特集

ちょっと怖い マフィアの未解決事件特集

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!今回は真夏の特別企画 ちょっと怖い マフィアの未解決事件特集part1 をお送り致します!

ジョン・ファーヴァラ失踪事件

1980年、ニューヨークのハワードビーチにジョン・ファヴァーラという男が住んでいました。
隣人は、マフィアのボス ジョン・ゴッティ。

左ジョン・ゴッティ

ある日、仕事から家に帰る途中、ファヴァーラは、道路に飛び出してきたゴッティの息子フランクを轢いてしまう。

不運な事故により、フランクは12才の若さで亡くなりました。

ゴッティの妻ビクトリアは悲しみ、塞ぎ混むようになります。

その頃から、ファヴァーラには脅迫の電話が来るようになる。

怯えたファヴァーラ知人のアドバイスに求めました。

そして友人から「轢いてしまった車を、家の前に停めておくと、事故の事を思い出すだろうから処分したらいい」
「事故について、誰にも非がないのはゴッティもわかってくれるさ」とアドバイスを受けた。

ファヴァーラは、アドバイスに従い車を処分したが、ゴッティは「息子を轢いた事を忘れようとしてやがる!」と憤った。

1980年7月、ゴッティは、妻の心の傷を癒すため旅行へ。

その間に、ファヴァーラは行方不明となる。

目撃者によると、何者かがバットでファヴァーラを殴り、バンに乗せ拐ったという。

その後、ファヴァーラが見つかることはなかった。

この事件には、有力な噂があります。

ゴッティは、アリバイを作るため旅行に出ていた。しかし、自分の手でファヴァーラを殺すため、部下に生かしておくように命令した。

そして、旅行から戻ったゴッティは、ファヴァーラを生きたままチェーンソーでバラバラにした、というものです。

2009年にはゴッティの部下だった男が逮捕され、「ファヴァーラの死体を酸で溶かした」と証言した。。

ほんのり怖い マフィアの未解決事件part2

バグジーの怖い話はこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ