「アメリカを葬った男」レビュー

「アメリカを葬った男」レビュー

アメリカを葬った男 ジアンカーナ

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!
今回は「アメリカを葬った男」
を紹介していきます!

この本は、表紙の情報量が半端ないですw

中古で買ったので、汚れは許してください!

「マフィア激白! ケネディ兄弟、モンロー死の真相」

そして背表紙がこれ

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

人間性を疑われそうな背表紙ですw 特に女性の前では読みづらい。。

内容

この本は、シカゴのマフィア サム・ジアンカーナの弟、チャック・ジアンカーナが書いたものです。

マフィアの身内が書いた本は、多々ありますが弟が書いた本は珍しいですね。

そして翻訳は、落合信彦さん。

冒頭、サム・ジアンカーナの死から始まり、弟の目線から見たサム・ジアンカーナの一生が描かれます。

サム・ジアンカーナ

オススメポイント

本作では、あまり語られてこなかったサム・グージックやマレー・ハンフリーズなどのマフィア達とチャックのエピソードも多く盛り込まれています。

チャックがグージックを尊敬していたエピソードや、サム・ジアンカーナがハンフリーズを尊敬し「ハンフリーズほど切れる男はいない」と評したエピソードなど

その他、サム・ジアンカーナのフランク・コステロ、マイヤー・ランスキー、カルロ・ガンビーノなどニューヨーク勢との付き合い。

フランク・コステロvsヴィト・ジェノベーゼ戦争の際のシカゴ側の動きなども記されております。

そしてメインのエピソードは、フランク・シナトラとの交流、ケネディ兄弟、モンロー暗殺の真相です。

このエピソードを通して、いかにケネディ一家が卑劣な人間かが、これでもかと描かれています。

フランク・シナトラとサム・ジアンカーナ

他作品とのつながり

この作品とちょうど同じ時代を描いた作品では、「アイリッシュマン」がオススメです。

アイリッシュマンの原作本では、サム・ジアンカーナの死に触れるシーンや、フランク・シーランがケネディ暗殺に使用するライフルを運ぶエピソードが登場します。

ダラスでのパレード

原作「アイリッシュマン」と「アメリカを葬った男」両方に登場する人物も多く、マイヤー・ランスキーやフランク・シナトラなどの描かれ方を比べるのも、オススメの楽しみ方です!

気になった方は、ぜひご覧ください!

ありがとうございました!

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ