ゴッドファーザー原作の名言

ゴッドファーザー原作の名言

ゴッドファーザー原作の名言

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

今回は映画「ゴッドファーザー」の同名原作から名言の数々を紹介していきます

ヴィト・コルレオーネ編

・ドン・ヴィト・コルレオーネは誰もが助けを求めに来て、しかも決して裏切られることのない男だった

・ヴィトは空約束をしたり卑怯な言い訳をしない男だった

・人生には耐えねばならない屈辱を受ける場合があるが、目をしっかりと見開いてさえいれば、いつの日か最も弱き者が最も強き者に復讐できる

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

原作では商店をクビになった後、工事現場で働き親方にいびられるというエピソードが登場します

・自らの人生は自らの足で歩いていかなければならないのだ

・「もし私の所に来ていれば、君は私の財布を自分のもののように使うことだってできる。
あんたのような正直者の敵は私の敵でもあるからね」

・ヴィトはなるべく話さず会話を済ませるクセがついていた

・「お前はバカ同然の生き方をして来て、その結果報いを受けているだけなんだ」

・「父親になれん男は決して1日前の男にはなれん」

・「友情に比べれば才能なんて屁のようなものだ。友情は家族みたいなもんで国家より大切なんだ」

・彼が座って話をしようと言った時には、流血なしで解決する最後のチャンスであるということだ

・「なぜ私が今さら心配するんだ。12の時からずっと命を狙われているのに」

・ヴィトは決して脅したりせず、相手が牙を引っ込めざるをえないような理論を使った

・自由競争には無駄が多く、能率をあげるには独占しかないと学んでいた

・偉大な人間とは生まれながらに偉大なのではなく、長ずるにしたがって偉大さを発揮してくるものである

・「いますぐ我々の助けになるかどうかは問題じゃない。私は友情を信じてる。だからます私の方から友情を示さなくてはならないんだ」

・ヴィトは自分よりも大きなシマを持ち行く手に立ちはだかる敵よりも、自分の方がはるかに自己の世界の運営に長じていると気がついた

・人間にはそれぞれ運命ってものがあるのさ

・「私は口論したり説得するためにここにいるのではありません」

・「我々は皆、バカにされるのを拒否した人間、高いところにいる者がたぐる糸の下で踊るのを拒否した人間ではないか」

・「我々は我々の世界を我々のために管理します。それが我々の世界、我々の物だから」

・「女、子供は不注意でもいいが男はそうはいかん」

・「この世には殺されたがっている人間がいる。ギャンブルの事で口論し、車を傷つけられたら怒り狂って飛び出して来るような奴等だ。
俺を殺せ!と叫びながら歩いているようなものだ。」

・「自分に票を入れてくれる人間を騙すしか能のない連中に、自分の運命を委ねれるか?」

・「お前が好きな人間にはあまりノーと言わないことだ。ノーと言うときにはそれがイエスのように聞こえなければならん。さもなければ相手にノーと言わせるべきだ」

・「復讐という料理は冷えた頃が一番うまい」

・「人生はこんなにも美しい」

・「ブラージのような人間は死を恐れず、求めてさえいる。
そこで、この世でこの人にだけは殺されたくないと彼が心から願う、そんな人間にお前がなることだ。
そうなれば彼はお前のものだ」

・ルカ・ブラージは神も恐れず地獄も恐れず、人も恐れず愛しもしなかった

その他

・マクルスキーは安い給料にも腹を立てず、誰でも、自分のことは自分で始末していかなければならないと理解していた

・「どんな些細なことであれ、相手の言いなりになっていたら、向こうはつけあがって何でも欲しがるようひなるんだ」by・クレメンザ

・「そりゃワールドシリーズで投げさせるためにマイナーから選手を引っ張ってくるようなもんだ」
(腕のいい新人はいないかと聞かれて)  by・テシオ

・「親父さんはやらねばならないことがあっても、決してその事をあれこれ話したりしない。正当化しようともしない」by・トム

マイケル編

・「一度裏切った者はその弱さゆえに再び危険な裏切りを犯す恐れがある」

・「見方一つでどんな説明だって成り立つものさ」

・「仕事というのは全て私的なものだ
父は全てを私的なこととして受け止める。だから偉大なんだ」

・「母親ってのは警官みたいなものさ、いつも悪い方に考える」

関連記事:ゴッドファーザー トリビア

関連記事:ゴッドファーザーのモデル ジョゼフ・ボナンノの名言集

あわせて読みたい

カテゴリ