バグジーシーゲルの娘

バグジーシーゲルの娘

バグジーの娘とモブミュージアム

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!今回は、バグジーの孫娘がラスベガスジャーナルに語ったインタビューを紹介していきます!

彼女達、バグジーの家族と我々ランスキーの家族はとっても仲がいいです!

ランスキーさん
ランスキーさん

以下翻訳

彼女のルーツを誇りに思って、ミリセント・ローゼンは彼女の家名を守るために生きた。

ミリセント・ローゼン

1931年1月14日、ニューヨーク市でベンジャミン・バグジー・シーゲルの娘として産まれたミリセント・ローゼンは、2017年11月17日にラスベガスで亡くなりました。 彼女は86歳でした。

1947年6月20日、カリフォルニア州ビバリーヒルズでラスベガスの建設に貢献したとされるユダヤ人ギャングの父親が射殺。

バグジーの孫、ミリセントの娘である、ウェンディ・ローゼン「母は、ユニークな歴史を持つ女性でした」と語った。

「母は、モブミュージアムでの仕事を通じて、ベンジャミン・シーゲルが素晴らしいビジョンを持った優れた人物であることを世界に知らせることを決意しました。」

彼女の2人の娘、ウェンディとシンディローゼンは母の埋葬について悩んでいた。

娘たちは、マフィアの仲間モリス・ローゼンの息子で夫のジャック・ローゼンの隣に埋葬したいとラビに話しました。

それはニューヨークの墓地だった。

しかし、人種の問題もありそれは許されない。

そこで家族は、父バグジーの魂が今も残るラスベガスに彼女を埋葬した。

バグジー・シーゲル

15年ほど前にラスベガスに引っ越してきたミリセント・ローゼンは、ラスベガスのダウンタウンにあるモブミュージアムの寄稿会員でした。

「彼女は、彼女の人生の最後の5年間に多くの宣伝活動を行い、誰もが彼女のお父さんに持っていた印象を変えました」とウェンディ・ローゼンは付け加えました。

伝説のマフィア ベンジャミン・バグジー・シーゲルは孫娘達の中で今も生きています。

そんなバグジーとラスベガスのエピソードはこちら

アイリッシュマンについて語ったハーヴェイ・カイテルのインタビューはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ