マフィアとギャングと指紋

マフィアとギャングと指紋

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

こんにちは!

今回は、モブミュージアムが配信した指紋に関するコラムをお届けしていきます!

マフィアとギャングと指紋

以下翻訳

1934年、アメリカで最も有名な犯罪者だったのはジョン・デリンジャー。

彼はシカゴに隠れていて、逮捕を免れる方法を模索していた。

そしてデリンジャーは、自分の顔と指紋を変える事を思い付く。

弁護士はの紹介でデリンジャーは、麻薬取引に携わるドイツ生まれの医師、ヴィルヘルム・レーサーと知り合う。

レーサーとデリンジャーは、顔と指先を5,000ドルで変える契約を結んだ。

レーサーはデリンジャーの顔を変えるために、皮膚の外層、表皮を切り取り、指先は塩酸で溶かす処理を施した。

デリンジャー 変化の図

その手術によりデリンジャーは何日も手を使うことが出来ない状態に。

その後、彼の指先はほとんど無傷の状態にまで再生。
しかし不明瞭になったものほ、指の端はまだデリンジャーとして認識できる具合だった。

結局、手術は役立たなかった。

1934年7月22日、FBIの捜査官がシカゴのバイオグラフシアターを出る所を待ち伏せされ、デリンジャーは射殺されてしまう。

指紋の切除は極端に見えるかもしれませんが、デリンジャーは自分の特徴を隠そうとした多くの犯罪者の1人です。

指紋 ビフォー
アフター
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

お暇な方は、照合してみてくださいw

指紋除去の歴史

指紋の消去の歴史は、指紋識別のとほぼ同じくらい古い歴史を持ちます。

指紋は犯罪者を彼らの逮捕記録と結び付ける主な手段だった。

指紋を消去すると、逮捕記録も白紙の状態になる。

指紋を削除しようとする人々はさまざまな方法を使用してきました。

それらを切り取ったり、紙やすりで磨いたり、タバコや酸で焼いたりするのが一般的。

暗黒街の医師は、外科的処置も支援します。

しかし、人々は完全な指紋の消去は可能なのか?

指紋除去に挑んだ男

それを試した最初の犯罪者は、アル・カポネに関連のある殺人犯で銀行強盗であるウィンケラーでした。

1933年の彼は指紋に、切り取りと切り込みを行った。

彼の指紋はまだ識別可能でしたが、彼はそれをうまく修正しました。

指紋が大幅に変更されたため、渦巻きではなくループのように見えたとか。

指紋の識別は19世紀後半に始まりました。

科学者達が私たちの手足の皮膚は独特であることを認識し始めたからです。人間の手は、丘と谷のパターンを持つ皮膚で覆われています。

その皮膚は、接触するあらゆる面に跡をを残します。

これは、油によって作成されたプリントで、肉眼でははっきりと見えません。

個々の指紋パターンは固有です。

一卵性双生児であっても、指紋は異なります。

DNAプロファイリングの前は、指紋分析が人を識別する最も効果的な方法でした。

1880年代には、人類学者のフランシスガルトン卿が最初に指紋パターンを分類しました。

ガルトンのプリントの3つのカテゴリー(ループ、渦巻き、アーチ)は現在も使用されています。彼は、プリントの2つのセットがまったく同じではないと判断しました。彼はまた、指紋が年齢とともに変化しないという以前の発見を検証しました。

1911年までに、指紋分析は殺人犯の有罪判決に役立つように。

トーマス・ジェニングスは、指紋の証拠に基づいて有罪判決を受けた最初の殺人容疑者。

彼の指紋は、シカゴの犯罪現場のポーチの塗り立てのペンキを触った事から発見されました。

捜査官はそれを過去の強盗の容疑からのファイル上の指紋と比較し、一致を認めた。4人の専門家が、収集された指紋がジェニングスのものであることを証言しました。

指紋切除は今日も続いています。

2010年、FBIは指紋やわ消去する不法移民や犯罪者が増加していると報告しました。

指紋の切除がより高度になったとしても、一部の犯罪者は異常な方法をとっています。

2007年、車の盗難で逮捕された男性は、身元確認を避けるために拘留中に指先を噛み切りました。

また、2015年にはフロリダの男がパトカーの後部座席にいる間に指紋を噛み切ろうとしました。

では、指紋切除はどの程度やればうまく機能するのでしょうか?

指紋を完全になくすには、皮膚のすべての層を取り除く必要があります。1935年に発行されたJournal of Criminal Law and Criminologyの記事では、隆起が再生しないようにするために、少なくとも1ミリの皮膚を取り除く必要があると推奨されています。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

1mmでも、なかなか痛そうですね。。

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ