映画コネクションとマフィア映画の魅力

映画コネクションとマフィア映画の魅力

こんにちわ!

今回は映画 「コネクション マフィアたちの法廷」を通してマフィア映画の魅力を解説していきます。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

監督 シドニー・ルメット

主演 ヴィン・ディーゼル

あらすじ


実際にあった、ルッケーゼファミリーの裁判が描かれています。

マフィアの一人、ジャッキー・ディノーシオは、弁護士を雇わずに、自分で自分を弁護する事を決めます。

ジャッキーは、数々の困難を乗り越えて、無罪を勝ち取れるのか。。

予告

紹介

こちらは良作マフィア映画で、割と美談風味。

とはいえ、かなり史実に寄せていている部分も多く、ディノーシオが法廷で話す内容も、ほぼ実際と同じものになっております。

実際のディノーシオが、自らの役にディーゼルを指名しただけあって、ハマり役です。
彼の演説シーンは必見!

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home
実際のディノーシオ

ちなみにディーゼルのまえには、ジョー・ペシを指名していました。

残念ながらディノーシオは、映画の撮影中に亡くなりましたが、ディーゼルの演技に満足していたのではないでしょうか。

その他、ソプラノズのヘッシュ役の方とゲームオブスローンズのティリオン役の方が、弁護士の役で出ています。

https://m.imdb.com/?ref_=nv_home

描かれた裁判は、アメリカ史上最長の刑事裁判としても知られており、アメリカ文化の勉強にもなるかもしれません。

マフィア映画の魅力

ディノーシオは、元々フィラデルフィアのファミリーに属しており、アンジェロ・ブルーノの部下でした。

アンジェロ・ブルーノ

アイリッシュマンに登場した事でも知られています。

ブルーノの死後に起こった混乱に乗じて、ルッケーゼファミリーはフィラデルフィアに進出します。

その際に、ディノーシオはルッケーゼファミリーに移籍したという背景があります。

アンジェロ・ブルーノといえばアイリッシュマンに登場したのが記憶にも新しいはず。

「コネクション」と「アイリッシュマン」は、 関係がないようで、実はそんな繋がりがあったのです。

さらにいうと、「アイリッシュマン」ではラスベガスに融資するシーンが登場します。
そのシーンは同じスコセッシ作品の「カジノ」に通じています。

「カジノ」の舞台ラスベガスを作った男の映画といえば「バグジー」。バグジーの若かりし頃を描いた作品といえば「モブスターズ」そして。。。。

史実を元にしている作品であるが故に、様々な名作同士の繋がりがあるというのが、マフィア映画の魅力だと思っています。

勿論、映画に限らず書籍もそうですね。

たまには、マフィア作品同士の繋がりを探ってみるのも楽しいですよ!

ありがとうございました!

あわせて読みたい

カテゴリ