三分で学ぶ!  マイヤーランスキーの老後編

三分で学ぶ! マイヤーランスキーの老後編

三分で映画の予習!
ランスキーの老後編

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

今回は、映画「ランスキー」で描かれるであろうマイヤー・ランスキーの老後を解説していきます。

これは1971年にイスラエルで、インタビューに答えた時の様子。

1970年、ランスキーは起訴を逃れるためイスラエルへ逃亡。

しかし、インタビューの翌年にはイスラエルからも追放されてしまいます。

ゴッドファーザーpart2と同様に、各国で亡命を断られたランスキー。

最終的にはアメリカへ戻り、起訴されるも健康上の問題などから1974年には無罪となり、その後はマイアミで暮らしました。

そして1983年1月15日にヘビースモーカーだったランスキーは、肺がんで亡くなりました。

よくみるとここでもタバコ
マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

映画「ランスキー」では、マイアミで暮らしているランスキーとFBIの頭脳戦が描かれるようです。 楽しみ!

こちらで、ハーヴェイ・カイテルがランスキーとアイリッシュマンを語っています。

ランスキーの謎

ランスキーが死んだとき、FBIは3億ドル以上の遺産が残されたと推測したが、実際には遺産は殆ど残されていなかった。

家族は、障害のある息子の治療費を払えなくなるほど家族は困窮しました。

それについては様々な憶測があり、〝ランスキーはキューバで破産した〟〝誰かが猫ババした〟〝実は家族はこっそりお金を受け取っていた〟などなどと語られています。

この件についてはジャーナリストは、「ランスキーは資産を持たなかったが、資産のある仲間を持った」と語りました。

これがどういう意味かと言いますと、〝ランスキーは脱税での起訴を避けるため、弟とその部下に財産を配った〟という説があります。

個人的には、用心深いランスキーが資産を本当に残さなかったのかは疑わしく思っています。。

老後のランスキーが家族へ宛てた手紙には「資産は投資に全て回すな、いつでも動かせる現金を残しておきなさい」と書かれています。

これは、ランスキーの失敗を踏まえての言葉なのか、ランスキーはこの言葉通り資産を残していたのか。。

マフィア界のアインシュタインと呼ばれたランスキーなら、FBIを出し抜いて遺産を残すことも可能だったのかもしれません。。

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

映画では、このミステリーにも触れるのかも楽しみです

ちなみに、ランスキーの遺族はランスキーがハバナに建てたリビエラホテル(カストロに没収された)の損失を保証するように訴えを起こしています。

リビエラホテルは、豪華なホテルが、い並ぶハバナでも群を抜いて豪華なホテルでした。

ランスキーの最高傑作とも言われる リビエラのグッズはこちらから

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ