ソプラノズを考察!

ソプラノズを考察!

マフィアグッズ専門店
マフィアグッズ専門店

今回は、人気ドラマ「ソプラノズ」の雪山事件の真相に迫っていきます。

雪山事件とは?

シーズン3の11話。
クリスとポーリーは、ロシア人ギャングのヴァレリーを雪山で始末することにする。
だが、ヴァレリーは逃亡。
頭を撃つも見失ってしまい、その後ヴァレリーは行方不明となる。

死体が見つからなかった事や、ヴァレリーの視点と思われるカットが挿入される事、車が盗まれる事などから、様々な憶測がされています。

ここからは、制作者のデビット・チェイスのコメントを掲載していきます。

チェイスはこれまでに何度も、このエピソードについてコメントしています。

「それは私が他のどの質問よりも多く尋ねられる質問です。
ロシア人はどこにいますか?
ロシア人はどうなりましたか?
彼は生きており、ロシア人との大規模な戦争が起こります。または、彼は死んだと言うことができます。
しかし、あいまいにしておく必要がありました。
人生のすべての謎に答えられるわけではありません」

「私はロシアがどこにいるか知っています」

こちらは、2008年に語ったコメント

「これが起こったことです。
ボーイスカウトが倒れているヴァレリーを見つけた。
ポケットには、スラバの電話番号が書かれた紙が入っていて、ボーイスカウトはスラバに電話をかけた。
スラバは、ヴァレリーをスラバが脳手術を受けた病院に連れて行った。
それからスラバは彼をロシアに送り返しました」

一方、ヴァレリーが戻ってくるエピソードが計画されていた事も明かされています。

ヴァレリーが生きており、ソプラノファミリーとロシア人の間に戦争が起こる。という内容だったそう。

しかし、結果的にこのエピソードは採用されませんでした。

どちらにしてもヴァレリーは生きている!
というのが答えみたいです。

もしかしたら、映画版ソプラノズ ニューアークでもなんらかの答えが示されるかもしれません。。

映画 ソプラノズ についてはこちら

あわせて読みたい

Translate »

カテゴリ